東映アニメーション×フロンティアワークスが贈る魔法少年企画始動!

SPECIALSPECIAL

スペシャル

トップ > special

ダイチ誕生日記念!1巻収録PV場面カット&原画公開!

2015.10.31

10/31のダイチの誕生日を記念して、ドラマCD第1巻「まほう×少年×Days!!!!!」収録のアニメPVより未公開場面カット&貴重な原画をお届け!

変身が解除されて、赤面のダイチ…!
まほう×少年×Days!!!!!ダイチPV場面カット

<原画>
まほう×少年×Days!!!!!ダイチ原画

ラン誕生日記念!1巻収録PV場面カット&原画公開!

2015.09.29

9/29のランの誕生日を記念して、ドラマCD第1巻「まほう×少年×Days!!!!!」収録のアニメPVより未公開場面カット&貴重な原画をお届け!

学校の屋上で魔法を発動させるラン。
まほう×少年×Days!!!!!ランPV場面カット

<原画>
まほう×少年×Days!!!!!ラン原画

ドラマCD第2巻好評発売記念アイコン配布&Twitterキャンペーン第4弾

2015.09.01

ドラマCD第2巻の発売を記念して、新キャラクターナルとエルのSDアイコンを作成しました!
同時にTwitterキャンペーン第4弾を実施いたします。

  • ナル (CV:代永 翼)
  • エル (CV:代永 翼)
  • ユウキ (CV:斉藤 壮馬)
  • ヒカル(CV:下野 紘)
  • タクト(CV:柿原 徹也)
  • ラン(CV:石田 彰)
  • ダイチ(CV:小西 克幸)
  • オウルロード(CV:中田 譲治)

■ 保存方法:
右クリックで画像を保存し、ご使用ください。

■ 設定方法:
[ツイッターのプロフィール編集]→[プロフィール画像を編集]から変更を行ってください。



「まほう×少年×Days!!!!!」公式Twitterアカウントをフォローして公式配布のアイコン(全8種)を設定!期間中「#まほう少年」 のタグをつけて、1・2巻の感想や応援メッセージをツイートすると、抽選で第2巻キャスト7名(斉藤壮馬、下野紘、柿原徹也、石田彰、小西克幸、代永 翼、中田譲治)による寄せ書き直筆サイン色紙が当たります!

メインキャストによる寄せ書き直筆サイン色紙

期間中、何度でも参加できるので、お気軽にご参加ください。
【募集期間】
ドラマCD第1巻:2015年9月1日(火)~2015年9月20日(日)まで

【プレゼント内容】
Twitterキャンペーンにご参加いただいた方の中から抽選で1名様に、
「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第2巻に出演の、斉藤壮馬さん・下野紘さん・柿原徹也さん・石田彰さん・小西克幸さん・代永翼さ ん・中田譲治さんの寄せ書きサイン色紙をプレゼントいたします!

【参加方法】
1. キャンペーン期間中に、「まほう×少年×Days!!!!!」公式アカウント(@mahosho_days)
をフォロー&公式配布のSDキャラアイコン(全8種)を自身のTwitterアイコンに設定
2. キャンペーン期間中に、ハッシュタグ「#まほう少年」をつけて、ドラマCD2巻の感想や作品への応援メッセージをツイート。
3. 各キャンペーン期間終了後に抽選を行い、当選者には、9月24日(木)頃Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡致します。

※当選者へのご連絡をもって発表とかえさせていただきます。
※ダイレクトメッセージの送信から1週間以内にご連絡いただけない場合は当選を無効とさせていただきます。
※フォローが解除されている、もしくは設定で「すべてのユーザーからDMを受け取る」を有効にしていない場合、ダイレクトメッセージが送れません のでご注意ください。
※キャンペーン期間中にアイコン設定いただければ、リツイートとアイコン設定の順序は問いません


【諸注意】
1. Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。
2. Twitterを非公開設定にしている方はキャンペーン応募の対象外になります。
3. 賞品の発送先は日本国内となります。
  キャンペーン応募の対象は日本国内にお住いの方とさせて頂きます。
4. Twitterの利用に関するご質問やお問い合わせ、応募受付の確認、
 当選・落選についてのご質問にはお答えできません。あらかじめご了承ください。
5.当選された方は所定のWebフォームにご自宅の住所をご記入頂きます。
 郵便局留めなどはご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。

郵便局留めなどはご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。♪

ドラマCD第2巻 シナリオ公開【第5弾】

2015.08.27

好評発売中の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第2巻より、シナリオの一部を公開!
魔法バトル勃発!?

☆★☆★☆

エル
「うわー、すごーい。エンシェント・ドラゴンはペットの中で1番強いのに」

ダイチ

「ふん。俺をナメてかかったな」

ナル
「じゃあ……次。グノーティ・セアウトン。終末の獣、ベヒモス召喚!」

ダイチ

「……まだ来んのかよ!」

エル
「エルたちは動物は大好きなんだよん♪」

ダイチ

「いいぜ、かかってこいよ! 何匹来たって同じだ……!」

ナル
「そこのメガネ……こそこそ……何してる」

・ランに攻撃炎魔法を打つナル

ラン

「うっ!」

エル
「ランは戦わないの~?」

ラン

「私は頭脳派なのもので」

エル
「そっちの喧嘩バカなお友達を手伝ってあげなよ☆」

ダイチ

「いらねえよ! ベヒモスなんてただのデカい牛だ。こんくらい何匹だって片づけてやる」


・攻撃雷魔法を打つダイチ

ナル
「ダイチ……ノリノリ……」

エル
「ベヒモスもあんまりもたないかなあ。じゃ、ランから片づけちゃおっか♪」

ラン

「君たち。暴力はやめたまえ」

ナル
「今更何言ってんの! グノーティ・セア……」

ユウキ

「待って!」

・走ってくるユウキたち3人

エル
「あれれ? 戻ってきちゃった。逃げてればいいのに~」

ユウキ

「この人間界も、ランさんも、兄さんも! ひどい目には遭わせない!」

ナル・エル
「どうして?」

ユウキ

「ぼくが…そうしたいから!」


ユウキ

ヒカル

タクト

「アストラル・プロジェクション!」

ドラマCD第2巻 シナリオ公開【第4弾】

2015.08.05

2015年8月26日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第2巻より、シナリオの一部を公開!
ダイチとユウキの過去に一体何が……!

☆★☆★☆

ダイチ

「くそっ……なんでこうなるんだ! おいラン、早くもう一人も捕まえてまとめてフクロウのところに送り返して、とっととユウキを追いかけよう」

ラン

「それなんですが、双子のもう1人今頃、そこの彼と同じように変身が解けていると思いますが」

ダイチ

「あ」

ラン

「我々が5人揃わないと変身できないように、この双子も2人揃わないと変身できないと思われます」

ダイチ

「つまり?」

ラン

「もう片方をおびき寄せるおとりにしましょう。あちらはこれに比べてもあまり頭がよくなさそうですし」

エル
「ひっどーい」

ダイチ

「じゃあユウキはどうなる!」

ラン

「タクトとヒカルに任せましょう。もう子供じゃないんですから」

ダイチ

「子供だ! あいつはいつまでも……」

ラン

「昔からあなたはユウキのこととなると見境がなくなりますね。過保護ですよ」

ダイチ

「そんなことはない。あいつは俺が守ってやらないと……」

ラン

「昔とはもう違うんですよ。彼も、あなたもね」

ドラマCD第2巻 シナリオ公開【第3弾】

2015.07.19

2015年8月26日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第2巻より、シナリオの一部を公開!
今回もやっぱり……変身は解けちゃいます!

☆★☆★☆

ヒカル

「ギャーッ!」

ユウキ

「へ、変身解除してないのに解けちゃった!」

タクト

「ま、まずい! またハダカだ! どっか物陰に隠れるぞ!」



ヒカル

「な、何で!? どうして変身解除してないのに!?」

タクト

「う~ん。魔法を使いすぎたとか? もう10回は豚を人間に戻したし!」

ヒカル

「回数制限があったのか!」

ユウキ

「知らなかったよ~」

ヒカル

「え、エメラルド・タブレットでダイチさんたちに連絡…その前に服…ああもうどうすればいいかわからない!」

タクト

「落ち着け! とにかく落ち着けヒカル!」

ユウキ

「……兄さんたちも変身解除しちゃったのかな」

ヒカル

「わかんないけどやばいヤバいぞ! どうしたらいいんだーーっ」

ユウキ

「あれ? でも、ぼくらが魔法の使いすぎってことは、双子の人たちもそろそろまずいのかな? 彼らも、変身解除したらハダカになるの?」

ヒカル

「……………」

ドラマCD第2巻 シナリオ公開!【第2弾】

2015.07.11

2015年8月26日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第2巻より、シナリオの一部を公開!
双子のナル&エルは……人間界を壊しに来た!?

☆★☆★☆

エル「(楽しそう)ハハッ、壊れろ! グノーティ・セアウトン!」

ナル「よく…燃えてる…」

ダイチ「何してる!」

ナル「…人助け」

ラン「これのどこかです!」

エル「だって~。デンシャってヤツにぎゅうぎゅうに人が乗り込んで、皆苦しい苦しいって言ってるから、壊して解放してやったんだよ♪」

ナル「これで、もう苦しくない…」

ラン 「この世界の人間は、電車にぎゅう詰めになって苦しみながら仕事場に行き、だらだら働くのが幸せなのです!」

ダイチ「…ラン、お前、言ってる意味わかってるか?」

ラン 「わかりやすく要約しました」

エル「わかんなーい! やっぱりデンシャなんてない方がいーんじゃない」

ラン 「電車が悪いのではありません。どちらかといえば、人が多すぎるこの町が悪いのです」

ダイチ「バカ! そんなことを言ったら…!」

ナル「…人間が、多すぎる…」

エル「今度はわかったよ。じゃあ減らしちゃお☆」

ダイチ「そんなことしていいわけないだろうが! グノーティ・セアウトン!」

ドラマCD第2巻収録後キャストインタビュー掲載!

2015.07.10

まほう×少年×Days!!!!!2巻_集合写真 後列)左より小西克幸さん、代永翼さん、石田彰さん、中田譲治さん
前列)左より柿原徹也さん、斉藤壮馬さん、下野紘さん

――収録を終えての感想をお願いします。

ユウキ役・斉藤壮馬さん(以下、斉藤):

ドラマCD第1巻の収録から間もないタイミングの収録だったので、第1巻で演じた感じを自分の中に持ったまま収録に臨むことができました。また、今回も全員で一緒に収録できたことがすごくありがたくて。この空気感がとても楽しくて、それが一番良かったです。

ヒカル役・下野紘さん(以下、下野):

ドラマCD第2巻の収録が、すごい早いタイミングで。
第2巻を収録している時点で、まだ第1巻が発売されていないっていう(笑)
お陰様で、収録がスムーズに進んでいったので、安心しました。
第1巻に付くPV、すごいですね! 見て鳥肌が立ちまして、すごく感動しました!

タクト役・柿原徹也さん(以下、柿原):

ドラマCD第1巻を収録した時も非常に楽しくて。このメンバーで収録できて、とても嬉しかったです。さらに今回第2巻の収録が決定し、収録前にアニメPVも見させて頂いて、より一層テンションが上がりました。
また、今回のシナリオを通して、キャラクターたちの個性がより見えてきて、役者としてもより一層楽しめましたし、きっと皆さんにも楽しんでもらえるんじゃないかと思います。そういう気持ちが、収録現場にも溢れていましたので、ドラマCDの完成を楽しみにしていて欲しいです。

ラン役・石田彰さん(以下、石田):

第2巻ということで、我々出演者もそうですが、キャラクターたちもこの世界で魔法を使うことに慣れてきた印象を受けました。第1巻の時は、魔法を解除されるたびに裸になるのをどうしようかと、あたふたあたふたしていて、それが一番の問題だった印象でしたが、今回は見事に機転を利かせて、とりあえずそこではうろたえない、みたいな。それを見て、進歩したなと思いましたね。

ダイチ役・小西克幸さん(以下、小西):

まず驚いたのが、第2巻の収録時の今、ドラマCD第1巻の発売がまだ先だったということです。もう発売されていると思っていて(笑)
でも、このタイミングで第2巻をやらせてもらえるというのは、非常にありがたかったです。収録前にみんなでPVをフルで見させて頂いたんですが、すごく力が入っているので、自然と僕らも頑張らなきゃな、と思いました。また、絵で見せて頂けたので、彼らの状況や表情、ハンバーガー屋さんで横並びでご飯を食べているのを見るだけでも、彼らの空気感を感じられたので、ドラマCDをやる上では、非常に見方が広がりました。同じものを共有して演じられるというのは、非常にやりやすくて。なおかつ、代永君の新しいキャラクターもでてきて。それに、ユウキとの話や、、ダイチが何を考えているのかという話もあって、縦にも横にも広げてきたな、と思いました。非常に演じていて楽しかったです。

ナル・エル役・代永翼さん(以下、代永):

ナル・エル役を演じさせて頂きました、代永です。
僕は今回から参戦させて頂いたんですが、第1巻の内容がすごく気になりました。どういう感じで物語が始まったのかなど知りたいですね。第2巻でナルとエルを演じさせて頂いて、物語の中でいろいろと引き込まれるポイントがあったので、第1巻から聞いてみたいと思いました。発売されたら聞きますね!(笑)

小西:

第1巻の内容は、石田さんが言っていたような感じです(笑)

代永:

なるほど、裸になる(笑)
そういう所も斬新で、すごく面白いですね。魔法を使える時間が制限されていたりとか。ナルとエルも、もし次があるならば、また違う展開も期待できるのかな、というワクワク感がありつつ収録させて頂きました。

オウルロード役・中田譲治さん(以下、中田):

第1巻の時は、みんな自分のキャライラストを見ながら、また、相手役と絡む事で自分なりにキャラを把握して行った様な気がします。でも今回は、収録前に、実際に動いて喋るPVを見せてもらってから収録したので、より具体的なイメージが掴みやすかったかと。そして、PVを見ると、この作品はアニメ向きだなと思いました。皆さんの応援があればいつの日か……。

――今回のお話で印象に残ったシーン・台詞はありましたか?

斉藤:

いろいろありますけど、ダイチとのやりとりですね。
第1巻を収録しているときは、すごく過度に弟想いの兄というぐらいの認識しかなかったのですが、今回なぜそうなのかということがわかって、ユウキを演じる上でも意識がとても変わりました。ダイチの過去を受けてのやり取りが一番印象に残っています。

下野:

新キャラクターが登場してきて、随分ひっかきまわしてくれたなって(笑)
あと、もともと我々は修行のために人間界に来ましたが、それは表向きの目的で、裏向きの目的があったんだということがわかりました。今回の話で、いろいろ展開していこうと思えば、どんな展開にもなっていくというところがいっぱいでてきたと思うので、その辺を聞いて頂いて、今後どうなっていくのか想像してもらうのも、楽しんでもらう一つの要素だと思います。

柿原:

今回のお話は、ユウキとダイチのお話であり、そこに代永さんが入ってひっかきまわして(笑)一代スペクタクル魔法バトルと言っていたんですが、どのシーンも欠かせないものとなっております。その中で、ツッコミをやったりボケをやったり、自由自在に操っている我々のお芝居がすべてを物語っていると思いますので、一秒たりとも聞き逃さないで頂けたらと思います。

石田:

今回のランの役柄は、ダイチのトラウマを「こういう理由なんだよ、こういうことが昔あったんだよ」ととうとうと語るものでした。でも、その場にランもいたんですけどね、彼は何も責任を感じていない(笑)まあ、ユウキが無事でしたからね。
「そんなに深く悩むこともない、それが普通の人のスタンスだよ、ダイチわかってね」ということだったと思っています。

小西:

僕は、ダイチとユウキのシーンももちろん気にはなったんですが……。一番気になったのはダイチは、昔はランと遊んでたというのが(笑)何をやって遊んでたんだろうって思います。普通に「遊びに行ってくる~」って遊びに行ってたんだなと。それが凄い気になりましたよね、何をしていたのかと、台本を読んでいる時に余計なことを考えちゃって……(笑)でもダイチにとっては大事件で、その後から、クールになったのかなあと。それまでは「わーわー! 遊びに行こうぜー!」と言っていたのが、「今日、遊べねーわ…」というキャラになったのではないかと思いました(笑)

下野:

キャラ変にもほどがあるでしょ(笑)

代永:

ユウキとダイチの物語もそうなんですが、僕は今回から参加させて頂いたので、みんなのランさんの扱いがどんどん雑になっていくのが面白くて(笑)ランさんが作ったものに対して、「びみょう~」って言ったり。ユウキも最初は乗り気だったのに、結局「びみょう~っ」て言っていて(笑)誰もランさんの発明品を着けたがらないというのがとても面白かったです。ランさんへのみんなの接し方を是非聞いてほしいなと思います。ツッコミが凄く面白かったので、そこも聞いてほしいポイントです。

下野:

確かにユウキはもう少しちゃんと気をつかっていたはずなのに(笑)

石田:

あれは、ランが勝手に作ったものじゃないですからね。オウルロードが作りなさいって言ったんですから。元凶はオウルロード卿なんですよ(笑)

中田:

みんながたくさん言ってくれたので、僕としては、代永さんのエルとナルの演じ分けですね。これ同時に録っているんで、それを知った上で、その切り替えを聞いて頂ければ、驚いて頂けると思いますので、楽しんで頂きたいですね。エルとナルは連続でしゃべることの方が多いですから。楽しみにしてください。

――ありがとうございました。

ドラマCD第1巻好評発売記念アイコン配布&Twitterキャンペーン第2弾

2015.07.07

ドラマCD第1巻好評発売を記念して、各キャラクターのSDアイコンを作成しました!
同時にTwitterキャンペーン第2弾を実施いたします。

  • ユウキ (CV:斉藤 壮馬)
  • ヒカル(CV:下野 紘)
  • タクト(CV:柿原 徹也)
  • ラン(CV:石田 彰)
  • ダイチ(CV:小西 克幸)
  • オウルロード(CV:中田 譲治)

■ 保存方法:
右クリックで画像を保存し、ご使用ください。

■ 設定方法:
[ツイッターのプロフィール編集]→[プロフィール画像を編集]から変更を行ってください。



「まほう×少年×Days!!!!!」公式Twitterアカウントをフォローして公式配布のアイコン(全6種)を設定!期間中「#まほう少年」のタグがついた公式ツイートをリツイートすると、抽選でメインキャストによる寄せ書き直筆サイン色紙が当たります!

メインキャストによる寄せ書き直筆サイン色紙

期間中、何度でも参加できるので、お気軽にご参加ください。
【募集期間】
ドラマCD第1巻:2015年7月7日(火)~2015年7月13日(月)まで

【プレゼント内容】
Twitterキャンペーンにご参加いただいた方の中から抽選で1名様に、
「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第1巻に出演の、斉藤壮馬さん・下野紘さん・柿原徹也さん・石田彰さん・小西克幸さん・中田譲治さんの寄せ書きサイン色紙をプレゼントいたします!

【参加方法】
1. キャンペーン期間中に、「まほう×少年×Days!!!!!」公式アカウント (@mahosho_days)
をフォロー&公式配布のSDキャラアイコン(全6種)を自身のTwitterアイコンに設定
2. キャンペーン期間中に、公式アカウントのハッシュタグ「#まほう少年」がついたツイートをリツイート。
3. 各キャンペーン期間終了後に抽選を行い、当選者には、 7月14日(火)頃Twitterのダイレクトメッセージにてご連絡致します。

※当選者へのご連絡をもって発表とかえさせていただきます。
※ダイレクトメッセージの送信から1週間以内にご連絡いただけない場合は当選を無効とさせていただきます。
※フォローが解除されている、もしくは設定で「すべてのユーザーからDMを受け取る」を有効にしていない場合、ダイレクトメッセージが送れませんのでご注意ください。
※キャンペーン期間中にアイコン設定いただければ、リツイートとアイコン設定の順序は問いません。


【諸注意】
1. Twitterアカウントをお持ちでない方は、Twitterサイトにてアカウントを作成してください。
2. Twitterを非公開設定にしている方はキャンペーン応募の対象外になります。
3. 賞品の発送先は日本国内となります。
 キャンペーン応募の対象は日本国内にお住いの方とさせて頂きます。
4. Twitterの利用に関するご質問やお問い合わせ、応募受付の確認、
 当選・落選についてのご質問にはお答えできません。あらかじめご了承ください。
5.当選された方は所定のWebフォームにご自宅の住所をご記入頂きます。
 郵便局留めなどはご利用になれませんので、あらかじめご了承ください。

期間中、何度でも参加できるので、お気軽にご参加下さい♪

ドラマCD第2巻 シナリオ公開!【第1弾】

2015.06.29

2015年8月26日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第2巻より、シナリオの一部を公開!
とうとう双子のナル&エル登場!

☆★☆★☆

ラン「この見事な赤点。どうやったらこんな点が取れるんだか」
ダイチ「うるさい。人間社会の勉強なんて必要ない」
ユウキ「兄さん、そんなこと言わないで」
ヒカル「ダイチさんは高等部だから仕方ない。だけどなユウキ、お前は何で中等部でこの点数なんだよ!」
ユウキ「あの、それは…こんな勉強したことないし…」
ヒカル「数学はセフィラの学校にもあったぞ」
ラン 「語学だってルーン文字に応用できますね」
ユウキ「ランさんは勉強が好きだから……」
ラン 「あなたたち兄弟で同じことを言わないでください」
ヒカル「……なんでタクトはそこそこいい点数なんだ?」
タクト「それは勿論、ユウナちゃんのノートのおかげ! 彼女、すごく字がきれいなんだよね♪」
ラン 「タクトのこのスキルはどこに行っても通用しそうですね」
ユウキ「すごいなあ」
ヒカル「何でユウキはこの程度も暗記できないんだ」
ユウキ「魔法の呪文を覚えるだけでいっぱいいっぱいで……」
タクト「ユウキは要領が悪いよな~」

・双子が現れる。

エル
「フン、ざまあないね、マジックセイバーズ!」
ヒカル「その恥ずかしい名前で呼ぶな! って……ん?」
ユウキ「同じ顔が二人!?」
ヒカル「誰の知り合いだ? 俺たちより全然チビだな。こんなガキ、知り合いにいたか?」
ナル
「ガキじゃ、ない……」
ナル・エル
「アストラル・プロジェクション!」
ラン 「なっ!」
ダイチ「変身した!?」
タクト「てか、人前でやんなよ、何考えてんの!」
エル
「ボクたちは、ブラックセイバーズ! お前たちマジックセイバーズをお仕置きしに来たよ!」
ナル
「兄のナル……」
エル
「弟のエルだよん♪」

ドラマCD第1巻 シナリオ公開!【第5弾】

2015.06.19

2015年6月24日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第1巻より、シナリオの一部を公開!
アニメイトTVでは試聴も実施中!

☆★☆★☆


ダイチ 「…で。今日はどうする?」

ユウキ 「ええっと…」

ヒカル 「あの本で凶悪犯を捜すのはもうやめましょう。まさか嘘が書いてあるなんて!」

ユウキ 「…でもあれで、宝石泥棒だって思われてた人は助かったんだよ?」

ヒカル 「手間が増えるだけだ!」

タクト 「ランさんが張り切って法廷展開にすると皆が困るよね~」

ラン 「私のせいなんですか?」

タクト 「どう考えてもそうでしょ!」

ヒカル 「未来予知はすごく難しい魔法だからイマイチ自信はないけど、今日、このショッピングモールで何かとても悪いことが起きるのはわかった。ここで、皆で張り込んで事件を探そう」

タクト 「すげー人多いなー、ここ」

ユウキ 「事件が起きるのを期待するのってどうなのかなー…」

ヒカル 「ここなら変身する前に、トイレで服を脱げる」

ダイチ 「…広いな。二手に分かれた方が効率がいい」

ラン  「そうですね、ダイチと私で2階を見てきます」

ダイチ 「…いや俺はユウキと二人で……」

ヒカル 「ではオレはタクトとこいつとで1階を見てきます」

タクト 「あっ、あの子超かわいい! ねえ君! どこ住み? 名前は? ルーン占いとか興味ある?」

ヒカル 「いきなりサボるな!」

ラン  「じゃあ、何かあったらエメラルド・タブレットで連絡しますね」

ダイチ 「おい、オレはユウキと……」

タクト誕生日記念!1巻収録PV場面カット&原画公開!

2015.06.13

6/13のヒカルの誕生日を記念して、ドラマCD第1巻「まほう×少年×Days!!!!!」収録のアニメPVより未公開場面カット&貴重な原画をお届け!

学校の屋上で呪文発動のために印を結ぶタクト。いつもより少し真剣な表情です!詳細は6/24発売ドラマCD第1巻を乞うご期待!

まほう×少年×Days!!!!!タクトPV場面カット

<原画>
まほう×少年×Days!!!!!タクト原画

ドラマCD第1巻 シナリオ公開!【第4弾】

2015.05.25

2015年6月24日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第1巻より、
シナリオの一部を公開!
本編ドラマCDも是非チェックしてくださいね☆

☆★☆★☆


■路地裏

タクト 「この辺でいいんじゃね?」

ヒカル 「よし! アストラル・プロジェクション!」

・変身する5人。

ユウキ 「…何か人間界でこの服装ちょっと恥ずかしいね…」

ヒカル 「セフィラ的にはこれが礼装なんだ、何が恥ずかしい」

タクト 「この服じゃないとこっちでは魔法が使えないしなー」

ダイチ 「いいから行くぞ!」

・不良が学生に絡んでいる。

学生A 「む、無理ですよう。マジ勘弁してください」

不良A 「ああー? てめえの都合なんか関係ねっつの」

学生A 「だからダメなんですって~」

ユウキ 「お、お兄さん! 人の嫌がることをしてはいけないよ!」

不良A 「何だてめえら! …え、本当に何なんだ…?」

学生A 「…コスプレ?」

ヒカル 「オレたちは、マジックセイバーズ!
 お前たち腐った人間世界のクズたちを粛清するために参上した!
 オレたち魔法使いとはそもそも……」

ドラマCD第1巻 シナリオ公開!【第3弾】

2015.05.16

2015年6月24日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第1巻より、
シナリオの一部を公開!
これからもどんどん公開していくので是非チェックしてくださいね☆

☆★☆★☆


■ハンバーガーショップ

ユウキ 「あれから1週間かあ…」

ダイチ 「こんなに長くなるとはな…。
 ユウキが一緒でよかった」

ユウキ 「でも早く帰んなきゃだよね」

ヒカル「 もっとはっきり何をしろとか言えよ、フクロウ!」

ラン 「ヒカルは典型的な指示待ち世代ですね」

ヒカル 「ランさんに言われたくない!
 大体何なんだよ、人間界って!
 空気汚いし、ゴミゴミしてうるさいしどこも人間が多いし、
 ぶつかっても謝らないし、あんな連中助ける気になんかならないね!」

タクト 「あっ! オレ昨日、リサちゃんとアイちゃんに宿題教えたアレ、
 人助けかつ魔法使いとして大事なことにカウントされるんじゃね?
 フクロウに言えばよかったー!」

ユウキ 「いや…それは言ってもカウントされなかったんじゃないかなあ…
 そもそも人助けって何だろう?」

ラン 「哲学的な質問ですね。人間のことわざでは“天は自ら助くるものを助く”
 と言うそうです」

ユウキ「 テンって何?」

ラン 「ええと、我々の感覚にすると“セフィラの王様”
 くらいのものではないでしょうか」

ダイチ 「…オレたち王様の代わりに人助けさせられてるのか?」

ラン 「もののたとえです」

ユウキ 「結局、どうすればいいのかなあ…」

ヒカル 「どっかで手っ取り早く事故でも起きればいい」

ユウキ 「そ、それはどうかと思うよ…」

タクト 「人助けって前提として“困ってる人”がいなきゃどうにもならないよな~」

ユウキ 「なら、困ってる人なんかいてほしくないなあ…」

ドラマCD第1巻 シナリオ公開!【第2弾】

2015.05.09

2015年6月24日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第1巻より、
シナリオの一部を公開!
これからもどんどん公開していくので是非チェックしてくださいね☆

☆★☆★☆


■セフィラ・宮殿の一室

ユウキ 「何だろうね、ぼくたち5人に特別なミッションって」

ヒカル 「ダイチさんはともかくお前たちが一緒じゃ、ろくなことじゃないんだろうな」

タクト 「まーまー。意外と、合コンとかかもしんないじゃん?」

ヒカル 「絶対にないな」

ダイチ 「…何でもいいから早くしてくれ」

ラン 「ええ、私も研究がありますからね」

・テレポートで現れるオウルロード。

オウル 「皆さん、お揃いのようで」

ヒカル 「遅いぞ!」

ユウキ 「あ、えっと。いつも王様の横にいるフクロウさん」

オウル 「王国宰相オウルロード卿です!
 フクロウさんではありません!」

ユウキ 「ご、ごめんなさい」

ヒカル 「マスコットの分際で偉そうに…」

オウル 「今、マスコットって言ったのは誰ですか!?」

ラン 「その王国宰相サマがわざわざ私たちに何のご用で?」

オウル 「おっと、そうでした。ユウキ、ヒカル、タクト、ラン、ダイチ。
 貴方たち5人を集めたのは他でもありません」

タクト 「合コンだな!」

オウル 「違う!
 この魔法王国セフィラにおいて王位継承権があるにもかかわらず、
 魔法使いとしてイマイチ伸び悩んでいる貴方たちは、
 特別に人間世界で修行をすることに決定しました!」

ユウキ 「イマイチ…」

ヒカル 「伸び悩んでいる…」

ラン  「心外ですね。私の何が伸び悩んでいると?」

オウル 「ラン、あなた、この前の公開魔法試験の際に、
 試験とは全然関係ない新種の魔法を使おうとしましたね?」

ラン 「それがどうしたんです? 試験内容よりも高度な魔法ですよ」

オウル 「失敗して、審査員巻き込んで大爆発させたでしょう!」

ラン 「爆発“させた”のではありません、“した”のです。
 不幸な事故でした。魔法技術の発達のために必要な犠牲でした」

オウル 「必要なわけあるかー! 根性叩き直してこいやー!」

ヒカル 「…ランさんと同罪なのかよ、オレたち」

オウル 「ヒカルは威勢だけはいいものの、本番に弱いんですよね」

ヒカル 「あの日はたまたまだ!
 途中でお腹痛くなってトイレから出られなくなっただけで…
 たまたまいつも何故か体調悪くなるんだっ」

タクト 「メンタル弱いんじゃない?」

ヒカル 「お、お前……!」

オウル 「タクトはあんなにオーディエンス引き連れてきて!
 遊びじゃないんですよ!」

タクト 「だって、女の子の応援がないと、やる気が出ないんだも~ん」

オウル 「ユウキは真面目ですが、とろいし要領が悪い!
 時間内に終わらないなんて、試験を何だと思っているんです!」

ユウキ 「す、すみません…。

 でも、間違えないようって、何度も何度も確認しないと心配で…」

ダイチ 「いいんだ、気にするな。それもお前の良い所なんだから」

ユウキ 「兄さん…」

オウル 「ダイチ、貴方にいたっては、試験に来なかった!」

ダイチ 「それは俺が悪いんじゃない。
 途中で因縁つけて絡んでくるヤツが悪いだろ」

オウル 「どうしてあなた達はそんななんですか…
 才能はあるのに…」

ヒカル誕生日記念!1巻収録PV場面カット&原画公開!

2015.05.09

5/9のヒカルの誕生日を記念して、ドラマCD第1巻「まほう×少年×Days!!!!!」収録のアニメPVより未公開場面カット&貴重な原画を お届け!

路地裏で真剣な表情のヒカル。詳細は6/24発売ドラマCD第1巻を乞うご期待!
まほう×少年×Days!!!!!ヒカルPV場面カット


<原画>まほう×少年×Days!!!!!ヒカル原画

ドラマCD第1巻 シナリオ公開!【第1弾】

2015.05.01

2015年6月24日発売予定の「まほう×少年×Days!!!!!」ドラマCD第1巻より、
シナリオの一部を公開!
これからもどんどん公開していくので是非チェックしてくださいね☆
☆★☆★☆

■学校、屋上

ラン 「遅い。3分12秒遅刻です」

タクト 「カタいこと言うなよ、ランさん」

ラン 「私が言わなきゃタクトはいつ真面目にするんですか」

タクト 「オレはいっつも真面目だって!」

ヒカル 「ダイチさん! お待たせしてすみません」

ダイチ 「何でヒカルはオレに謝るんだ」

ヒカル 「それは、だって……」

・遅れて走ってくるユウキ。息を切らせている。

ユウキ 「ま、待ってよ皆……」

ヒカル 「ユウキ、このグズ! 足も遅いんだな、お前」

タクト 「ヒカル、言い過ぎだって」

ダイチ 「大丈夫か、ユウキ」

ユウキ 「うん、兄さん。ちょっと疲れただけ…。心配しすぎだよ。
 ぼく、走るの得意じゃないから」

ヒカル 「じゃあ、何なら得意だって言うんだよ。
 ダイチさんはユウキにかまいすぎです」

ラン  「えー、皆さんが揃うのに4分9秒かかりました」

タクト 「校長先生かよ」

ラン  「早速始めましょう」

ダイチ 「待て、ユウキが」

ユウキ 「ぼくなら平気…ふ~。はいっ! お願いします!」

タクト 「じゃ、いきますか~」

タクト 「永遠の王冠、崇高なる英知」

ヒカル 「峻厳と慈悲は我がものなり」

ラン  「十二の星座と八の惑星の名のもとに」

ダイチ 「燃え上がる五芒星と五つの光をもって」

ユウキ 「竜の王国への道を開け」

ユウキ 「アストラル・プロジェクション!」

ユウキ 「グノーティ・セアウトン! 来たれ、オウルロード!」

・召喚魔法でオウルロードが現れる

ヒカル 「…何でフクロウ1匹呼び出すのに、こんな大層な儀式が必要なんだ」

オウル 「フクロウ言うな、オウルロード卿です!」

ダイチ 「…呼びにくい」

オウル 「聞こえてますよ、ダイチ! 崇めなさい!
 今やこのワガハイは、君たちと魔法王国セフィラの唯一の接点なのです!」

タクト 「ねえねえオーちゃん、セフィラの皆、元気?
 サクラちゃんは? アミちゃんは?  
 あと、まどかちゃんとモモちゃんとなのはちゃんとユイちゃんと…」

ユウキ 「タクト君、女の子の話ばっかり…」

オウル 「知らん! セフィラに異常なし!」

ユウキ誕生日記念! 1巻収録PV場面カット&原画公開!

2015.04.30

4/30のユウキの誕生日を記念して、ドラマCD第1巻「まほう×少年×Days!!!!!」収録のアニメPVより未公開場面カット&貴重な原画をお届け!
人間界では制服を着て学校に通う彼ら…何やら屋上で呪文を唱えている様子!一体何が起きるのか…!

詳細は6/24発売ドラマCD第1巻を乞うご期待!
まほう×少年×Days!!!!!ユウキPV場面カット


<原画>まほう×少年×Days!!!!!ユウキ原画

ドラマCD第1巻収録後キャストインタビュー掲載!

2015.04.28

まほう×少年×Days!!!!!2巻_集合写真

後列)左より石田彰さん、中田譲治さん、小西克幸さん
前列)左より柿原徹也さん、斉藤壮馬さん、下野紘さん


――収録を終えての感想をお願いします。

ユウキ役:斉藤壮馬さん(以下、斉藤):

オリジナルの魔法少年ものということで、どのような感じで収録が進んでいくのかな、と思っていたんですが、とにかくテンポが良くて。コメディチックなところもあり、しっかりお話を聞かせるところもあり、メリハリのきいた台本だったので、とても楽しく収録を進めることができました。
本当に先輩方のお芝居に引っ張って頂いて、僕自身も楽しみながら収録を終えることができました。

ヒカル役:下野紘さん(以下、下野):

最近、結構一人で収録するドラマCDが多かったので、こういう風に全員キャストが揃うということも珍しいなあと感じました。改めて思ったのが、全員がいるとどういう感じのノリになるのかすごくわかるし、全員で録ると本当に楽しいんだな、ということを「まほう×少年×Days!!!!!」の収録で知ったような気がします。

タクト役:柿原徹也さん(以下、柿原):

今回この現場で、キャストや、キャラクターのバランスが非常に絶妙だと思いました。作品としての世界観だったりとか、相手のキャラクターだったりとかを、つぶさずお互いを活かしつつという、そういうバランスの加減が大好きなので、非常に楽しい収録でした。

ラン役:石田彰さん(以下、石田):

キャラクターのバランスが取れているという話も出ましたけど、それをやられている役者さん達もすごく多岐に渡っていましたね。それが、僕としては若い感性に触れられて良かったな、と思いました。

ダイチ役:小西克幸さん(以下、小西):

若いですよ!(笑)

石田:

最近とみに老けこんでいて、このまま何もしなかったら本当にすぐにおじいちゃんになってしまうなあと(笑)。なので、精一杯演じさせて頂きました。そろそろ指の運動とかして、ボケ防止対策しなきゃいけないなと思っていたところに、今回の話を頂けてとても刺激になりました。ありがとうございました。

小西:

僕も指の運動を最近始めたばかりで、石田さんと気が合うなと(笑)。今回の収録、一方的ですけど、非常に気心の知れたメンバーでした。僕も、一人で収録するものが多かったので、みんなでドラマCDを収録するのはやはり楽しいですね。しかも、東映アニメーションさんとフロンティアワークスさんとがタッグを組まれて、ドラマCDにアニメーションPVも付くというのが、すごいと思います。ドラマCDって音だけなので、そこに実際に動く絵がつくということは、セリフを聴いているだけでキャラや動きがイメージしやすくなると思うんです。PVのおかげで、1枚のドラマCDを聞くのも広がり方が変わるのではないかと思いました。面白い試みに参加させて頂けて、非常にありがたいですね。

オウルロード役:中田譲治さん(以下、中田):

なら、僕は手指だけじゃなくて、足指まで動かさなければダメなんだけど(笑)。
本当に今までいろいろな役をやらせて頂きましたが、鳥は初めてです。フクロウということで、一応線画のキャラデザ頂いていたのですが、今日設定のイラストを見たら、普通のフクロウではなくて、もっと宰相っぽいところもあるデザインになっていて。ああ、こういう感じなんだ、と思いながら演じておりました。でもまだ1回目だったので、ドキドキしていたんですが、幅広い世代がいて、皆の中で一緒にできたのは、助けられましたね。あと、魔法少年の彼らのセフィラでの生活はどうだったんでしょうかね。そのへんも気になります。

――今回のお話で印象に残ったシーン・台詞はありましたか?

斉藤:

一番印象的だったのはヒカルくんが、素に戻ってしまう所ですね。

下野:

もっていかれた~。

小西:

じゃあ俺もこれにしよう!(笑)

中田:

みんな満場一致(笑)。

斉藤:

思わず笑いがこぼれそうになりました。あと、カツアゲされている少年がいたと思うんですけど、少年がちょっとオネエみたいな感じで(笑)。不意打ちなキャラ作りだったので、僕としてはそうきたか!と驚きましたね。

下野:

ヒカルの二面性ではないですけど、やっぱりこの子は甘えん坊なんだなと。普段は偉そうにしているのに素になると泣き出したりとか、「俺」が「僕」に変わったりとか。あとは、個人的には結構タクトがチャラくて、自由で楽しそうだな~、柿原クン楽しそうだな~って凄く思いました(笑)。僕はタクトを叱る側だったので、叱る際の言い合いのところも楽しかったです。

柿原:

タクトとヒカルの同世代の2人がどちらもツッコむんですが、それがぽんぽん入れ替わるあのバランスやタイミングが面白かったです。ツッコミで芸人も活きるとよく言いますが、ツッコミってすごく大切だなと思いました。いろんな人がつっこんでいるので、そういうキャッチボールを楽しんでもらいたいです。

石田:

先ほどから満場一致で、ヒカルのシーンがかわいいという意見なんですけど、僕は個人的に、ヒカルの泣き方がなんとなく、とある女性芸人さんを想起させるような……そこが気になりました。ちょっと意識した部分もあったのかなと(笑)

小西:

いっぱい気になるところはあったんですけど、ちょっと後ろで勝手にツッコんだというか、思わず印象に残ったとこがあって。それは柿原君のタクトが「いろいろあったんですよ~」って言った後に、「なーにー? やっちまったな!」と思ってしまいました(笑)。あの2人組の芸人さんの顔が浮かんできたんですね。ぜひそこは聴きながら言ってください。後半の方ですから。

中田:

今回アニメーションPVがつきますが、もしこのお話が映像化したと想像すると、みんなの変身が解けた後に、競泳水着しかきていない、というところの、皆さんのリアクションを見てみたいような気がしましたね。生で想像してしまったんですけど、柿原さんが結構似合ってましたけど、下野さんは、ちょっと胸が……ねぇ?(笑)

下野さん:

ちょっと待って下さい、中の人ですか!? リアルで!?(笑)

――このドラマCDを楽しみにしているファンの皆様へのメッセージをお願いします。



斉藤:

この企画は、なかなかありそうでなかった試みだな、と思っています。
魔法少女ものはもう昔からあるもので、最近ももちろん流行っていますが、魔法少年ものは実はそんなになかったのではないかな、と。それをドラマCDと言う形で皆様にお届けすると言うのは、面白い、ある種挑戦的な企画だと思います。
皆様の期待を裏切らないような面白い出来になっていると思いますので、ぜひぜひ「まほう×少年×Days!!!!!」ご期待下さい。宜しくお願いします。

下野:

本当に我々、思いっきり楽しんでやらせて頂いております。一度聞いて頂いて、もしもおもしろい、気になると思って下さいましたら、是非とも引き続き応援して下さるとありがたいです。

柿原:

魔法少年もの、これはドラマCDでやることに意味があると思います。アニメでやってしまうと、もうある程度形が決まって、自由度が減ってしまうので、一発目のドラマCDで僕たちが自由に表現することで、幅を非常に広げさせてもらいました。本当にこのメンバーでやれたことはすごく楽しかったですし、引き続き、ドラマCDも続けて第2巻、
そしてゆくゆくは、アニメーションとかで、大きく展開できればいいなと思っておりますので、今後とも宜しくお願いします。

石田:

「まほう×少年×Days!!!!!」ということで、先ほどから何度も話題にのぼっております、東映アニメーションさんの魔法少女ものと対をなすポジションに育っていったらいいなと思っております。ただ今回、「まほう×少年×Days!!!!!」の最初がドラマCDということで、例えばプリキュアシリーズがメインターゲットとしているような小さいお嬢さんたちと対をなす、小さいおぼっちゃんたちはおそらくこれは聞いてはくれないだろう、と思います。そうなると、大きいお友達、とくにお姉様方が頼りです。なので、皆さん是非、「まほう×少年×Days!!!!!」のドラマCDを聞いて頂いて、作品を育てていく手助けをして頂けたらと思います。宜しくお願い致します。

小西:

まだこれ発売する前なので、どういうドラマCDになっているのかは想像して頂けると嬉しいのですが、プリキュアとは全く違うものだと思って頂ければ(笑)。また、聴いてみたり、PVを見た感想なんかを僕たちや関係各所に教えてもらえたら嬉しいです。こういう試みってあまりないと思うので、ぜひ各所に送って頂いて、皆さんが思った気持ちを聴かせて下さい。でもとりあえずは楽しんで頂いて。ドラマCD第2巻は決まっていますけど、今後もいろんな展開ができるのではないかと思いますので、是非とも応援して下さい。宜しくお願いします。

中田:

皆さんが思っているような魔法世界みたいなのが、今後どうなっていくのか楽しみです。もちろんキャラクター達がこれからみんなでドタバタしながら成長していく物語が芯になってくるとは思うんですけど、そのためにはやっぱりライバルがいたり、敵がいたりするのかなと。これからどんな展開があって、彼らはそれを乗り越えていくのか、というのがやっぱり一番興味がわくとこだと思いますので。それも含めて、今回はある程度キャラの紹介とか、皆の魅力みたいなのがわかりやすく、皆さんに分かって頂けるようなドラマCDになっていると思うので、まずは聞いて頂いて、自分の好みのキャラを見つけて頂ければと思います。そして、これからもいろんな事があると思うので、それを楽しんで下さい。