ドラマCD「ニーア レプリカント」ウシナワレタコトバトアカイソラ

価格
¥3,800+税
発売日
2011/04/27(水)
品番
FCCT-0141
発売元
フロンティアワークス
販売元
フロンティアワークス
販売協力
ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント
関連ワード
ニーア レプリカント ドラマCD

2010年4月にスクウェア・エニックスから発売された、PlayStation3用ゲームソフト『ニーア レプリカント』のドラマCDが登場! 
個性的なキャラクター。美しさと切なさだけではない、感情を揺さぶる物語。
そして圧倒されるほどに魅力的な音楽で、多くのユーザーの心を掴んだ本作が、ついにドラマCD化。

ゲーム本編で描かれていない世界の一部を示す、このドラマCDのシナリオは本作ディレクター・ヨコオタロウ氏他による書き下ろし!

あらすじ

2003年6月12日――東京・新宿に『巨人』と『赤い竜』が落ちてきた日。
その災厄から約50年後。塩の雪が降る壊れた街。

妹ヨナと二人で暮らす少年ニーア。母を失った兄妹は行く宛もなく街を彷徨う日々を過ごしていた。
そんな必死に生きようとする兄妹の耳に届く、自衛隊の装甲車が発する警戒令。
それは既に殲滅されたはずの『レギオン』出現の報せだった。ニーアとヨナは不安げに身を寄せ合う。

広大な敷地にある屋敷で、祖父母と共に暮らすカイネ。
家の格式を重んじる祖母は厳しく、時に激昂し、カイネを叱る。
幸せな筈の家の中で、時折心に現れる黒い霧にカイネは怯えていた。
(Disc1ストーリー)

国立兵器研究所で研究員達と共に暮らすエミール。
特殊な能力と引き換えに光を失った彼は、それでも生来の明るさを忘れず
健気に生きていた。

ニーアとヨナ、カイネ、そしてエミール。
まったく交わらなかった彼らの時間が、ある事件をきっかけに重なる。
それはやがて来る未来への布石だったのか――。

(Disc2ストーリー)
2058年、黒文病が蔓延した東京。ニーアが望むのはただひとつ。
妹ヨナを蝕む病の治療法が見つかることだけだった。

魔王を倒してから3ヶ月、マモノを狩り続けるカイネ。
どんなにマモノを倒しても、満たされない心と躰。
何かが足りないと苦悩し続ける半陰陽の魂。

たったひとりで世界を彷徨うエミール。
天敵であるイノシシに襲われ、羊達にまで追い回される日々。
何とか逃れたエミールの前に不思議な光が現れる。その光の正体は――。

ニーア、カイネ、エミール。それぞれをメインにした3つの短編を収録。

さらにおまけエピソードとして、『私立レプリカント高等学校』を収録!

キャスト

ニーア(少年期):岡本信彦 ニーア(青年期):遊佐浩二 ヨナ:野中 藍 カイネ:田中敦子 エミール:門脇舞以 デボル&ポポル:白石涼子 テュラン:森久保祥太郎
※他

ジャケット特記

新作CGイラスト使用

初回特典

ボーナストラック

※特典はなくなり次第終了となります。特典の在庫状況等、詳細は各販売店へお問い合わせください。

備考

【公式サイト】
『ニーア レプリカント』『ニーア ゲシュタルト』公式サイト
http://www.square-enix.co.jp/nier/

【関連サイト】
『ニーア レプリカント』 『ニーア ゲシュタルト』サントラ&アレンジCDサイト
http://www.square-enix.co.jp/music/sem/page/nier/arrange/