名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2009-12   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2009/12/17(木):「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

今日は、本編で紳士たちが料理店に到着したところを少しだけ公開します♪


本編の山猫は、とても物腰柔らかく登場します。

このCDでは、信長な遊佐さん物腰柔らかな山猫の遊佐さん

そして、本性を現したときの山猫の遊佐さん堪能できちゃいますよ☆

その本性の片鱗は、本日公開のシナリオでもほんのちょっとだけ出てきます!

**************************

山猫   「ようこそ、リストランテ・ワイルドキャットへ。
       どなたもどうかお入りください。決してご遠慮はいりませんよ」

紳士B  「良かった~。営業してる」

紳士A  「どうも」

山猫   「いらっしゃいませ」

紳士A  「やっぱりこんなところだとお客が少ないんじゃないですか?」

山猫   「そうなんですよ、山奥ですからなかなか」

紳士B  「俺たちは久しぶりのお客ってわけだ」

紳士A  「そうだろうね」

山猫   「当店では特に、太ったお方や若いお方は大歓迎いたします。
       お客様方は……お若いようですが……」

紳士B  「あー。すみません、太ってなくて」

紳士A  「…太った方って、そんなに食事の量が多いんでしょうか?」

山猫   「そういうわけでは…ただ…そうだったらいいにゃあと……
       いやいやいや。ささ、こちらへどうぞ」

~中略~

山猫   「お客様方、ここで髪をきちんと整えて、それから靴の泥を落としてください」

紳士A  「はぁ…山の中なのにずいぶんマナーがきっちりしているんですね」

紳士B  「ネクタイを締めてくればよかったかも」

紳士A  「とにかく、髪はとかそう」

紳士B  「靴もぴかぴかに磨いてー」

山猫   「鉄砲と弾はここに、外套と靴はこちらに置いてください」

紳士A  「おい、帽子も脱げよ、失礼だろう」

紳士B  「はいはいっと」

山猫   「さ、こちらです」

紳士B  「とうとうご飯だ!」

紳士A  「何が出てくるんだろうな」



紳士A  「……風呂だ」
紳士B  「……風呂だね」

山猫   「はい。1日の汗と垢…と疲れを、ご存分に洗い流してください」

紳士B  「へぇ。なかなか気が利くお店なんだね。外、寒かったし」

紳士A  「……食事の前に風呂?」

紳士B  「食後に風呂じゃ消化に悪いってことでしょ」

紳士A  「いやいやいや、そういうことじゃなくて!
       風呂つきの料理店なんて聞いたことあるか!?」

山猫   「実は当店、裏で温泉旅館もやっておりまして」

紳士B  「それはすごい! 折角の檜風呂だし、俺は入る」

紳士A  「え? え?? ちょっと待てって! おかしいだろ!」

紳士B  「だって温泉だよ? 入るでしょ? ほらほら、脱ぎなよ~」

紳士A  「わっ、ちょ、やめろよ!」

紳士B  「いつまでもぐだぐだ言うなって!」

山猫   「何ならわたくしもお手伝いいたしましょうか」

紳士A  「い、いいです! 結構です! わかったから、自分で脱ぐって!」

************************

食堂だと思ったらお風呂だった――。

やはり本編もおかしいです。


サワヤカ(?)な笑顔で2人を出迎える山猫。
 
ツッコミまくるA。

ノリノリで風呂に入ってしまうB。

そうして結局2人は風呂に入ってしまうわけですが…。


実はこの「風呂」というキーワードは、あとのオリジナルエピソードにもリンクしています。

そんなところも是非お楽しみくださいね♪

▲トップへ