名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2009-12   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2009/12/09(水):「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

「第六天魔王」以外に、もちろん本編も音声ドラマ化!

紳士たちのテンポの良いやりとりを、こちらにも思いっきり反映させて仕上げました。

原作では紳士たちはもともと仲良しですが、
今作は”妄想たっぷり”ということで、2人は幼馴染でライバル同士!

櫻井さん演じる紳士Aはクール系。(若干Bに振り回され気味)

鈴村さん演じる紳士Bはお調子者。(フリーダム)

そんな2人のやりとりは…?

本編のシナリオも是非ご覧ください☆

***************************

紳士A  「はぁ。全く、ここはどういう山なんだ?
       こんなに歩きまわっているのに、鳥も獣も全然いないじゃないか」

紳士B  「こんなにって…まだ2時間じゃん」

紳士A  「いや、2時間は長いだろ」

紳士B  「そうかな~。でも、俺は獲物を仕留めるまでは帰る気ないから」

紳士A  「お前、そんなこと言うけどな、こんな辺鄙な山奥で何も起こらないまま2時間は退屈すぎるよ。
       この際、カモとかキジとか…何でもいいから撃てればいいんだけどなあ」

紳士B  「ははっ。俺なんか、わざわざ今日のために猟銃を新調したんだよ?
       鳥とかそんなちゃちな獲物じゃなくて、でっかい鹿を仕留めるね!」

紳士A  「ふ~ん…猟銃ねえ。いくら道具が良くても、使うのがお前じゃあな」

紳士B  「えー? 何それ。俺が下手だって言ってんの?」

紳士A  「さあね。まずは獲物に出会わなくちゃ何とも言えないだろう。ポチ、何かいないか?」

ポチ   「くぅーん」

紳士A  「いない…みたいだな」

紳士B  「あのさぁ、その犬、鼻は大丈夫?」

紳士A  「っ!! ポチを馬鹿にするな!
       ポチはそんじょそこらの犬とはレベルが違う!
       ちゃんと血統書がついていて、もう何度も大会で優勝していてだな。この間なんて…」

紳士B  「あー、はいはい。その話は何度もきいたって」

紳士A  「(睨んで)…何?」

紳士B  「や、な、何でもない! はは、すごいよなー、ポチ!」

紳士A  「まぁいい。とにかくやっぱり変だ。
       これだけ歩いているのに獲物を一匹も見ないし、ポチもいないって言っている」

紳士B  「じゃあ、もうちょっと先まで行ってみようか」

紳士A  「…は?」

紳士B  「夕暮れまでまだ大分あるし、もっと奥なら何か見つかるかもしれないじゃん」

紳士A  「お前、馬鹿なのか?
       あのね、僕は今日はもう引き返さないか?って言いたいんだけど」

紳士B  「えー。やだ」

紳士A  「やだって…」

紳士B  「俺は行くよ。今日は絶対大物をゲットする!」

紳士A  「なんでそんなにむきになるんだよ。
       帰り道でカモかウサギでも買って、手土産にすればいいだけじゃないか」

紳士B  「あっそ。じゃあ、君は帰れば?」

紳士A  「おい、ちょっと待てよ!」

***************************

というやりとりがあって、2人はどんどん山奥に入ってしまうことに…。

そこで起こる事件は皆様ご存知の通り。

ただ、こちらも”(笑)”仕様になっております♪

▲トップへ