名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2009-12   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2009/12/07(月):「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

今回の名作文学(笑)ドラマCD「注文の多い第六天魔王」ですが、はっきり言って全編コメディです。

スタッフ一同真面目に作品には取り組んでいますが、
やはりより多くの方に聞いて頂けるよう…ということで、
今作はライトに仕上げてみました。

まず表題作の「注文の多い第六天魔王」ですが、
こちらは名作と戦国モノの融合が果たしてどのような出来になっているか…。

皆様が一番気になる点だと思います。

というわけで、今シリーズ恒例のシナリオ公開です。

***********************

光秀   「また触れ書きがありますぞ。ええと……」

信長   「まずは忠義を見せてみよ」

光秀   「こ、これは、曖昧ですな」

秀吉   「そうですかな?」

・秀吉、さっと懐から草履を出す

秀吉   「信長様! それがし、信長様の草履を懐にて後生大事に温めておりました!」

利休   「ほほう……」

・利休、手許の帳面に何かをメモする

利休   「秀吉殿、3ポイントゲットでございます」

秀吉   「3…「ぽいんと」?」

利休   「「3点」という意味でございます」

秀吉   「よっしゃー!」

光秀   「何と! これは点数がつくのですか!?」

利休   「左様、ポイントが高い方が有利となります」

秀吉   「何に有利かは知らぬが、幸先がいい!」

光秀   「くっ、では拙者はこれを!」

・懐から手紙を出す光秀。

光秀   「征夷大将軍・足利義昭が上杉・武田・毛利に送った書状にござります!
       いずれも信長様に刃向う者ばかり、かのお方が信長様を裏切った証拠ですぞ!
       追放の口実となるでしょう!」

秀吉   「うわきったねー、こいつ、前の主君を売り渡しやがった!」

光秀   「ちゅ、忠義とはこうしたものでござろう! 何ださっきの猿芝居は、わざとらしい!」

利休   「……光秀殿、1ポイントでございます」

光秀   「何と!? なぜこのサルよりも2「ぽいんと」も低いのだ!?」

信長   「……あのさー、光秀。そういうものがあるならもっと早く出してくれないと。
       どうして今まで隠してたの? これって陰謀ってこと?」

光秀   「の、信長様!!
       …そ、それはその…ものには「たいみんぐ」というものがございまして…」

利休   「…不肖わたくしめは、前のとはいえ、主君を陥れるという行為自体にドン引きでございます」

秀吉   「策士策に溺れるとはこのことじゃのう、光秀殿!」

光秀   「くっ……」

利休   「では、次の間にどうぞ」

***************************

聞き所はなんといっても、信長の注文の片づけていく光秀と秀吉のやりとりのテンポの良さ!

こちらは後日試聴も行いますのでご期待ください☆

▲トップへ