名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2009-08   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2009/08/12(水):「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

城太郎が金沢家を訪れるシーン。

武弘は家にはいませんでした。

何故武弘はいなかったのか…

******************************

武弘「おはよう」

真砂「あ、おはよう、兄さん」

武弘「朝っぱらから掃除か?」

真砂「だって、今日、城太郎さんが来るんでしょう?きれいにしておかないと」

武弘「ああ、そうだったな。俺はちょっと用事があるから、出てくるぞ」

真砂「え?」

武弘「ああ、すぐに戻るから、お前、ちゃんとあいつの相手をしておけよ」

真砂「うん」


武弘(モノローグ)「俺はもちろん、家に戻る気はなかった。
                               真砂の意識が少しでも俺以外の人間に向けばいい。俺は町で時間を潰して、夜家に戻った」


真砂「兄さん、どこに行ってたの?城太郎さん、ずっと兄さんのこと、待ってたんだよ」

武弘「ちゃんと礼はしたか?」

真砂「うん、それは勿論したよ」

武弘「助けてもらったのはお前だろ?俺がいなくてもあまり問題じゃないよ」

真砂「でも…」

武弘「俺は卒論やるからな、お前はさっさと寝ろ」

真砂「ご飯は?」

武弘「外で食べてきた」

真砂「そっか…」

******************************

ブラコンな真砂に動揺していた武弘。

自分で城太郎を家に呼んでおいて、あえて武弘は家に戻りませんでした。


安元さんの真砂を心配するお芝居は、優しさと不安の入り混じったような、
こちらも渾身のお芝居でした。

武弘は全3話の中で振り幅が一番大きい役柄でしたが、
安元さんには見事、見え方の全く違う、しかし同じ人間である武弘を演じて頂きました!

叫んで、泣いて、高笑って、甘やかして、心配して…

本当に多岐にわたる安元さんのお芝居が堪能できる1枚となっております!!


第3話が真砂は一番ブラコン度が高いです。

可愛くかつワガママ全開で甘える寺島さんのお芝居は、こちらも必聴です★

▲トップへ