名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2009-08   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2009/08/05(水):「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

海で真砂を助けた城太郎は、金沢家に招かれます。

そこには城太郎を招いた本人である武弘はいません。

武弘はなぜいなかったのか。

武弘がいない家で、城太郎と真砂はどのような会話をしていたのか。

この場面も各話からシナリオを公開します!

本日は第1話「城太郎の物語」より。

*****************************

城太郎「ごめんください」

真砂 「はい」
        
真砂 「田丸さん」
 
城太郎「やあ、金沢…」

真砂 「真砂って呼んでください。兄だって金沢なんですから」

城太郎「ああ…そうだな」

真砂 「上がってください。兄は今出かけていますが、すぐに戻ってくると思います」

城太郎「ああ」


ラジオ「他殺死体で発見された事件で、
     容疑者は痴情のもつれから被害者を殺害したとの見方を強めています」
 
真砂 「…いやなニュースですね」

城太郎「ん?」

真砂 「だけど、素敵なニュースです」

城太郎「素敵?」

ラジオ「それではここで、ハンス・シュトロハイム演奏の
     ベートーベンピアノソナタ8番をお送りいたします」

城太郎「素敵ってどういうことだ?」

真砂 「誰かを、殺したいほど好きになるって、素敵じゃないですか?」

城太郎「…」

真砂 「僕にはきっと…そんな人は現れるはずないから…」

城太郎「え?」

真砂 「お茶を入れますね。お茶請けは何がいいですか?
     いろいろあるんですよ。お煎餅もありますし、羊羹も…」

城太郎「…なんとなく、引っかかってたんだよ」

真砂 「え?」

城太郎「海でのことさ」

真砂 「…」

城太郎「今のお前の言葉で、わかったよ」

真砂 「何がです?」

城太郎「何で死のうとしたんだ?」

真砂 「な、何を言ってるんです? 僕は泳いでいただけですよ」

城太郎「嘘をつくな。わかったんだ。死のうとしたんだな」

真砂 「…」

城太郎「なぜおまえがあの時、兄貴にウソをついたのか。
     冷たい海に一人入っていったのか…結論はひとつだけだ」


城太郎「こんなことを言うのは俺の趣味じゃないけどな、
     自殺なんかすると、地獄に行くっていうぞ」

真砂 「(小さく、そして段々と大きく笑い出す)」

城太郎「なんだよ? どうした?」

真砂 「地獄?地獄ってどんなところなんです?」

城太郎「え…?」

真砂 「地獄ですよ。自ら命を絶つと、地獄に行くんでしょ?」

城太郎「そんなの知るわけがないだろう。まあ、よく聞くのは血の池…針の山…とかさ」

真砂 「…僕は地獄から抜け出そうとしたんですよ」

城太郎「え?」

真砂 「偉そうに…結論はひとつだけ? 自殺すると地獄に行く?
    本当の地獄がどんなものかも知らないくせに」

城太郎「おい、真砂…?」

*****************************

真砂が海に入った理由に気付いた城太郎。

本当のことを聞き出そうとする城太郎に対して、真砂の反応は―――


「ヤブノナカ」では、とても可愛らしく真砂を演じてくださった寺島さん。

しかし、実は泣いたり、笑ったり、怒ったりと感情の起伏が激しい真砂。

第1話のこのシーンは、かなりテンションの上下が激しかったです。

突然笑い出す真砂に対して、たじろぐ城太郎を演じてくださった中村さんも、
寺島さんの突然変わるお芝居に呼応するように、迫真のお芝居をしてくださいました!

このシーン、基本は中村さんと寺島さんの二人芝居なのですが、
バックに流れる花田光さんのラジオのナレーションも必聴です!

こんなところでも、やはりどこかおかしいシリーズとなっていますのでお楽しみに。

▲トップへ