名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2010-03   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2010/03/08(月):「山月記」シナリオ公開【本編2】

旅の途中だった袁サン。

そこに虎が現れます。

虎が消えた茂みから声が…その声は昔よく聞いたもので――。

******************

袁サン 「今の音は何だっ!?」

部下   「袁サン様!」

・虎が現れ、軽くうなる。

部下   「ひぃっ! ひ、人食い虎だ!」

袁サン 「落ち着け! 弓を持て!」

・虎、うなるのを止め、茂みの中に戻る。

部下  「に、逃げた?」

袁サン 「いや…まだ近くに…」

李徴  「危なかった…もう少しで人を襲うところだった…」

部下  「誰か喋ったか?」

袁サン 「今の…まさか…」

部下  「? どうかなさいましたか、袁サン様」

袁サン 「そんな…いや、しかし…」

部下   「袁サン様?」

袁サン 「もしや…その声は…李徴?」

李徴   「……」

袁サン 「なぁ、李徴だろう?」

李徴  「……いかにも、僕は隴西の李徴だが…」

袁サン 「やはり! 覚えていないか? 一緒に試験を受けた袁サンだ!」

部下  「李徴!? 先ほどおっしゃっていた、袁サン様のご友人の!?」

李徴  「! …袁サン、か…懐かしい名だな、覚えている」

袁サン 「本当に、本当に李徴なんだな…?」

李徴  「ふふっ。まさか今も孫子を読んでいるわけじゃないだろうな?」

袁サン 「はははっ。よく覚えているな。さすがに孫子はもう読んじゃいないさ」

李徴  「そうか、そうだよな…」

袁サン 「おい、出てこいよ。久しぶりに会ったんだ。積もる話も…」

李徴  「いや、それは駄目だ」

袁サン 「どうして?」

李徴  「ここから出て行くなんて…そんな…」

袁サン 「何言ってるんだ? こんなところではろくに話も――」

李徴  「こんな…浅ましい姿を見せるわけにはいかない…」

袁サン 「? 浅ましい…?」

李徴  「さっき…見ただろう? 僕の姿を」

袁サン 「…さっき? さっき現れたのは… !!」

李徴  「そう、さっきの虎は…僕だ」

袁サン 「…そんな、馬鹿な」

李徴  「ははっ。信じられないよな。当たり前だ。僕だってそうだ」

袁サン 「李徴…」

李徴  「でも…でも、本当なんだ。こんな格好、あんたには…あんただけには見られたくなかった…」

袁サン 「……」

李徴  「だから、さっさと行ってくれ。ここで僕と会ったことは忘れろ」

袁サン 「そんな…せっかく、やっと会えたのに…」

李徴  「僕は……あんたになんて、会いたくなかったよ」

袁サン 「!」

李徴  「さようなら、袁サン。二度とここへは来るな」

袁サン 「……頼む、少しでいいんだ! 話をさせてくれないか!?」

李徴  「…」

袁サン 「…」

李徴  「……わかった。ただし、ほんの一時だけだ」

袁サン 「…ありがとう。 おい、下がっていろ」

部下  「で、ですが…」

袁サン 「…友人、なんだ」

部下  「…かしこまりました」

******************

李徴と袁サンの再会シーンのシナリオを公開しました★

この後李徴が、仕事をやめたあとのこと、
そして、何故虎になってしまったのか、ということを語り始めます。

そんな李徴に袁サンが告げる言葉とは――?

▲トップへ