名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2010-03   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   

03/08:「山月記」シナリオ公開【本編2】

03/05:「山月記」シナリオ公開【現代編】

12/29:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【タラシ編】

12/28:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【名探偵編】

12/17:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編2】

12/09:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開【本編】

12/07:「注文の多い第六天魔王」シナリオ公開

08/12:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第3話】 その2

08/06:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第2話】 その2

08/05:「ヤブノナカ」本編シナリオ【第1話】 その2

2010/03/05(金):「山月記」シナリオ公開【現代編】

「山月記」は古代中国が舞台です。

そのままではやはり馴染みが薄い!ということで、
「現代編」として、舞台を現代日本に移してみました。

李徴は李家(リノイエ)。

袁サンは円(マドカ)。

大学の文芸部の先輩後輩だった2人は…という設定です。

******************

円    「李家! お前、一体今までどこに…」

李家  「近づかないで!」

円    「ど、どうしたんだ…」

李家  「ニュース、見てないんですか? 動物園の…」

円    「虎が逃げたってやつか?」

李家  「…それ、僕なんです」

円    「はあ? …お前、酔ってるのか?」

李家  「あはは…ならよかったんだけど…ほら」

・李家、茂みから虎の前足を差し出す。

円    「と、虎の足!? そんな、まさか…」

李家  「僕にもよくわからないんです…
      寝てるとき、誰かが僕を呼んで、その声を追いかけてたら、こんな姿に…」

円    「びょ、病院とかには…」

李家  「動物病院にでも行けって? ばっかみたい…。
      こんな格好だから、捕まって動物園の檻の中だよ。
      抜け出しては来たけど、これからどうしよう…」

円    「これから?」

李家  「今はこうして人間の言葉が喋れてるけど、ときどき心が虎になるんです。
      檻の中で生肉を喰うのも、もう慣れちゃった」

円    「人間が虎になるって…どうしてそんなこと…」

李家  「僕にだってわかんないよ!
      …いや、薄々はわかってるんです。
      作家になりたいってずっと言ってたけど、才能なかったんですよ。
      才能もないのに評論家気取りで他人の作品をけなして、それで何かしたつもりになってた…。
      壊すしかできなかったんだ、この爪と牙で…僕は僕にふさわしい姿になっただけ…」

円    「李家…」

李家  「先輩、笑ってください。
      僕はこんな格好になっても、まだ僕の本が本屋大賞を獲る夢を見るんですよ。
      ――やっぱり、動物園に戻ることにします。行くところなんか他にないし…とその前に。これ…」

円    「これは…USBメモリ?」

******************

現代編ということで、李家の小説はUSBメモリに。

このUSBメモリには一体どんな小説が…!?

▲トップへ