『うた恋い。』ドラマCD、キャストコメント第3弾が登場!

収録エピソード『恋ぞつもりて』から、陽成院役の松風雅也さんと、その妻・綏子を演じた能登麻美子さんのコメントをお届けします!



■松風雅也さん / 陽成院 役

1.ドラマCDのアフレコ後の感想をお聞かせください。

原作を拝見しまして、とても良い作品なので(藤子役の伊藤静さんとは「教科書に載せるべきだ」と盛り上がりました)、楽しく参加することができました。

2.ご自身が演じたキャラクターの魅力をお教えください。

今回の作品中では、センスのいい先生のおかげで陽成院(貞明)は現代風にツンデレとでも言いましょうか、そのような魅力を引き出して頂いていますが。
そのセンスのいい先生がおっしゃるように、時代・常識が異なりますから、本当の魅力はどの場所でしょうか?

3.好きな登場キャラクターとその理由をお教えください。

さすがに百人一首からの選抜メンバー、どなたも素敵な歌人ですが、陽成院はもちろん、定家、コミックスに登場する義孝、道雅……あ、「うた恋い。」で描かれるキャラはみんな好きです。

4.ドラマCDの聴きどころをお教えください。

そうですね、和歌や文献からストーリーを創造し、作りだしたものが「うた恋い。」ならば、そのストーリーに命やリアリティの要素を濃く、違う作用の伝わりやすさを持ったところじゃないでしょうか。

5.「うた恋い。」のファンの皆様へメッセージをお願い致します。

私の解釈で楽しみました。皆さんもご自身の解釈を投影したり、しなかったりで、楽しんでくださいね。


■能登麻美子さん / 綏子 役

1.ドラマCDのアフレコ後の感想をお聞かせください。

分量的には他の話数よりも短めでしたが、とても濃密な、行間に言葉にならない空気感が満ち溢れているなと思いました。

2.ご自身が演じたキャラクターの魅力をお教えください。

綏子は賢い女性だなと思いました。流されることなく自分の価値観をしっかり持ち、それを言葉にして伝えることができる強い女性だと思いました。

3.好きな登場キャラクターとその理由をお教えください。

どのキャラクターもとても魅力的でした。個々のキャラクターもそうなのですが、それぞれの"関係性"にとても惹かれました。

4.ドラマCDの聴きどころをお教えください。

それぞれの話数の繋がり方や、"色"が違う物語の重なりが大きな魅力だと思いますので、ピンポイントではなく全体を楽しんで頂けたらと思います。

5.「うた恋い。」のファンの皆様へメッセージをお願い致します。

"音"で味わう"超訳百人一首"はマンガとはまた違った色合いを出していると思いますが、マンガと合わせて、マンガと一緒に楽しんで聴いて頂けたら幸いです!