<   2021-09   >
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  

12/28:「王子様(笑)シリーズ」PCゲームの制作・発売中止につきまして

11/13:【ドラマCD最終章3】シナリオ公開3

11/07:【ドラマCD最終章3】シナリオ公開2

09/10:【ドラマCD最終章3】シナリオ公開1

09/02:ドラマCD最終章 第3巻の発売日が2014年12月19日に決定!

07/02:「王子様(笑)シリーズ」ドラマCD最終章 第3巻 発売日 延期のお詫び

05/07:【ドラマCD最終章2】シナリオ公開1

04/25:ドラマCD最終章第2巻のジャケットイラストが完成♪

04/02:「ぷりらじ」特別回その3を更新しました!

03/25:【ドラマCD最終章1】シナリオ公開3

All
シナリオ
スタッフA
スタッフB
新しいカテゴリ1
新しいカテゴリ2


『王子様(笑)シリーズ ドラマCD 第2巻』の収録現場より、「アラジンと不思議なランプ」の王子様役 宮野真守さんと「竹取物語」の王子様役 置鮎龍太郎さん、3編に渡って「従者」といえる立場の登場人物を演じ、個性豊かな王子様に振り回された竹本英史さんから収録後のコメントを頂きました!!

――収録を終えての感想をお願いします。

置鮎さん:最初、「王子様(笑)シリーズ」というタイトルを聞いたときはどんな話かわからなかったんですが、皆が知っている物語を集めてきたんだな、と。女性が登場しない、男性だけのお話になっていたので「わかりやすいターゲットに向けてのお送りする作品なんですね」と(笑)
全エピソードにつっこみ役のたけぽん(竹本さん)が登場していたのがちょっと面白かったです(笑)

竹本さん:そこか~

一同:(笑)

置鮎さん:もちろんメインでやらせて頂いた「竹取物語」の王子様では、しっかりと演じさせて頂きました。

宮野さん:それぞれ元になっているお話はすごく有名なお話なんですが、それが今回は皆の知っている物語とは、ストーリーはもちろん、キャラクターもオリジナリティー溢れるものになっています。
僕が演じたアラジンも、今回はかなり腹黒いアラジンになっていましたが(笑)、こういうアラジンもありかなと思いながら、楽しんで演じました。

竹本さん:第1巻に引き続き、もろもろ役で登場しました(笑)
1巻目では「王子様(笑)シリーズ」と言われて、なんのことやらさっぱりよくわからない状態で収録に臨んだんですが、今回2巻目ということで、すごくわかったかといえば……そうでもなく(笑)

一同:(爆笑)

竹本さん:わからないけれどもっ! すごく一生懸命、楽しく演じられました。個人的には1巻より2巻のほうが、より“(笑)”度が上がっているのかな、と思ってます。
1巻目に引き続き、2巻目も非常に面白い仕上がりになっていると思います。すごく面白い収録でした。

――印象に残ったシーンはありますか?

置鮎さん:「竹取物語」の王子様でいえば、やはりラストシーンが印象的でした。
結構しっとりした終わりになっていて、“(笑)”なのにコミカルじゃないんだと。

竹本さん:コミカルでしたよ?(笑)

置鮎さん:えっ、ほんと!?

竹本さん:聞いてる側は(笑)

置鮎さん:僕的には、すごくしんみり終わった感じだったんですが、2人が笑ってるから、おかしいなって……コミカル演技だった?

竹本さん:え、いや……(笑)

宮野さん:違います! 流れが、ですよ(笑)

置鮎さん:ああ、急にきたな、っていう?

竹本さん:そうです。コミカル演技ではなくて、流れ的に面白い方向に(笑)

置鮎さん:なるほど。じゃあ、それは聴いて頂いてのお楽しみということで。
ヒロインは登場せず、一人芝居に近い感じになっていますので、そのあたりは想像力を働かせて聴いていただければと思います。

宮野さん:一番印象に残ったのは指輪の魔神ですね。

置鮎さん:ちっちゃい人だ(笑)

竹本さん:ちっちゃい人だ!

宮野さん:ちっちゃい人です。

竹本さん:あれ、誰がやってるんですかね。

置鮎さん:ねえ、見たことない(笑)

竹本さん:見たことないです。

一同:(爆笑)

宮野さん:普通に出てきて、きっと皆さんびっくりすると思います。僕はすごく好きでした。指輪の魔神、かわいかったです。

竹本さん:今、宮野君に言われて思い出したんですけど、ちっちゃい魔神をやっていたときになんだかやり辛そうな感じだったのがすごく印象に残りました。なんかごめんねっ!

一同:(爆笑)

竹本さん:やりにくかった?

宮野さん:違います、違います!(笑)

置鮎さん:思いのほか、ちっちゃかったのかな(笑)

宮野さん:そういう、思ったよりちっちゃかった、みたいなリアクションを出したかったんです(笑)

竹本さん:思ったより三段階くらいちっちゃかった?

宮野さん:はい(笑)

置鮎さん:2人がとっても楽しそうでした(笑)

竹本さん:楽しかったです!

――ご自身が演じられた役はどんなキャラクターでしたか?

置鮎さん:元の「竹取物語」は、やはりかぐや姫が主役で、帝はその他大勢の中の一人というイメージだったんですよね。それが物語のメインポジションになるということで、どんな感じかな、と。
帝は気難しい人なのかと思いきや、最後はほだされていくというか、そういう感じの仕上がりになっていると思います。コミカル演技で終わっていないように(笑)

一同:(笑)

宮野さん:結構頭脳戦でした。アラジンは頭がいい人だったので、単純にランプを使って自分の願いを叶えるという感じではなく、ちょっとズルくランプを使ってましたね(笑)

竹本さん:どのキャラのことを言おうかな(笑)

置鮎さん:お好きなものを(笑)

竹本さん:「竹取物語」の王子様で帝の弟役をやったときには、ずいぶん現代風に普通な感じで演じてしまったな、と。

一同:(笑)

竹本さん:おっきーさん(置鮎さん)の帝との役作りとの差が、良い方に出ていればいいなと。それを好意的に受け取ってもらえるといいんですが「こいつ役作りとかあんまりやってないんじゃねーの?」とか思われると心外です! まぁ、あながち反論し辛いんですが(笑)

置鮎さん:そうなの?(笑)

竹本さん:いや、それが好意的に受け取ってもらえるとね!

置鮎さん:確かに台本も現代風に書かれている部分と、昔風の喋り方で書かれている部分があったからね。役作りが分かれたっていう。僕は帝というポジションがあったので「はんなり」でやりましたけど。「おじゃる」でもいいかなと思ったんだけど(笑)

――置鮎さんが帝を演じられたエピソードだけ悲恋ものですが、演じられていかがでしたか?

置鮎さん:あっさり終わったように感じられるかもしれませんが、だからこそ、帝は思いを遂げたかったんだな、ということがわかるような良い雰囲気で終われたと思いました。なので、僕としては特に悔いはなく。
こんな風に色んなエピソードがあってもいいんじゃないかなと、楽しく演じました。

――今回収録された物語の中で印象に残った登場人物はいますか?

置鮎さん:僕としては、アラジンがこずるい感じに仕上がっていて、なるほど~という感じでした(笑)
そこが面白かったので、アラジンですね。

宮野さん:僕はもうそれこそ、ちっちゃい人です。

一同:(笑)

宮野さん:指輪のちっちゃい人が大好きです。

竹本さん:あれは本当にちっちゃくて、魔神感はないですね(笑)
僕はやっぱり帝のはんなりさがね~。弟をやったときは、本当に喋り方が帝とかみ合わないところが面白かったです。

置鮎さん:悪かったよ!(笑)

竹本さん:悪くないです(笑)

――本作のおとぎ話の新解釈という試みの魅力は何だと思いますか?

置鮎さん:だれもが知っている話だからこそ、裏側がこういう感じだったのかな、という想像が膨らみやすいかなと思います。原作を知らないとわかりにくくなってしまうものもあると思いますから。

宮野さん:収録現場でも、実際どんな物語だったんだっけ?という話になったんですよね。
それで、ここをパロディにしているんだとか、あそこをああしているんだなと盛り上がったりしました。

置鮎さん:ここ違うんじゃない?と思ったところも実は原作通りだったりとか(笑)

宮野さん:指輪の魔神っていたっけ?とか。そういう感じで盛り上がったので、皆さんもそうやって盛り上がってもらえると嬉しいです。

竹本さん:みんなが知っているからこそですね。

――ファンの方へのメッセージをお願いします。

置鮎さん:名作と呼ばれるエピソードをもとにしているということで、このCDならではの新解釈を楽しむもよし、原作を改めて読むもよし、これを原作だと思うもよし(笑)
色んな楽しみ方ができると思うので是非聴いて下さい。

宮野さん:お姫様がメインになるお話の裏で、王子様がどんな生活をしているのかを描くという、それだけでも面白い試みだなと思いました。更に、このシリーズオリジナルの解釈もあったりして、すごく惹かれましたね。
単純に楽しんでいただければな、と思います。

竹本さん:今これを読まれている方々は、当然第1巻を既にご存知だと思います(笑) 
その方々に向けてお話しますが、第2巻も面白いよ! またさらに面白いよ! 是非聴いて下さい!

――ありがとうございました。

▲トップへ



王子様(笑)シリーズ

ドラマCD



出演 : 鈴村健一
  中井和哉
  石田 彰

出演 : 宮野真守
  置鮎龍太郎
  吉野裕行

出演 : 小野坂昌也
  中井和哉
  置鮎龍太郎
  吉野裕行

出演 : 杉田智和
  鈴村健一
  石田 彰
  宮野真守

出演 : 森川智之
  鈴村健一
  中井和哉
  吉野裕行

出演 : 遊佐浩二
  石田 彰
  置鮎龍太郎
  小野坂昌也

出演 : 石田 彰
  吉野裕行
  杉田智和

出演 : 鈴村健一
  小野坂昌也
  遊佐浩二

出演 : 未定

定価(各巻):2,625円
発売・販売元:フロンティアワークス
販売協力:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
(C)フロンティアワークス

ラジオドラマCD

出演 : 鈴村健一
  石田 彰
  置鮎龍太郎
  吉野裕行
  森川智之

出演 : 中井和哉
  宮野真守
  小野坂昌也
  杉田智和
  遊佐浩二

定価(各巻):2,625円
発売・販売元:フロンティアワークス
販売協力:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
(C)フロンティアワークス

バラエティドラマCD

出演 : 鈴村健一
  中井和哉
  石田 彰
  小野坂昌也

出演 : 宮野真守
  置鮎龍太郎
  吉野裕行
  杉田智和

出演 : 中井和哉
  石田 彰
  置鮎龍太郎
  小野坂昌也
  森川智之

出演 : 鈴村健一
  宮野真守
  吉野裕行
  杉田智和
  遊佐浩二

定価(各巻):2,625円
発売・販売元:フロンティアワークス
販売協力:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
(C)フロンティアワークス

読み語りCD

出演 : 鈴村健一
  中井和哉
  石田 彰

出演 : 宮野真守
  置鮎龍太郎
  吉野裕行

定価 :2,100円
発売・販売元:フロンティアワークス
(C)フロンティアワークス

デートCD

出演 : 鈴村健一
  中井和哉
  石田 彰

出演 : 宮野真守
  置鮎龍太郎
  吉野裕行

出演 : 小野坂昌也
  杉田智和
  森川智之
  遊佐浩二

定価(各巻):2,625円
発売・販売元:フロンティアワークス
販売協力:NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
(C)フロンティアワークス

ドラマCD if

出演 : 鈴村健一
  中井和哉
  石田 彰
  宮野真守
  置鮎龍太郎
  吉野裕行
  小野坂昌也
  杉田智和
  森川智之

出演 : 鈴村健一
  中井和哉
  石田 彰
  宮野真守
  置鮎龍太郎
  吉野裕行
  小野坂昌也
  杉田智和
  森川智之
  遊佐浩二

定価 :3,150円
発売・販売元:フロンティアワークス
(C)フロンティアワークス

 

©フロンティアワークス