フィリア文庫:スペシャルコンテンツ

アルティマ ブラッド 緋色のフォークロア【ミニドラマCD付き限定版】
キャストインタビュー

文庫「アルティマ ブラッド 緋色のフォークロア」のミニドラマCDに出演していただいたお三方のインタビューを掲載!

阿部 敦さん・中井和哉さん

収録を終えての感想をお願いします。
阿部:音声の収録時には文庫本が出てない状態で録らせて頂いています。例えば、色んな関係性ですとか、今がどういう状況ですとか、資料を沢山頂いて僕も想像力をフルに活用させて収録させて頂いたんですが、絵がとても綺麗でこのキャラが僕でいいんだろうかということが一番引っかかっていました(笑) やっぱりヴァンパイアものと言えば、耽美なストーリー、耽美なキャラというイメージが僕の中であるのですが、精一杯やらせて頂きました。皆さんの耳にはどう届いたか不安ではありますが、感想とかがあったら是非事務所の方に送って頂ければと思います(笑)
中井:ホントに皆さんが文庫本を読み進められるのと同じように、全く僕らも先がわからない、手探り状態での収録だったのですが、阿部さんが仰っていたように想像力を膨らませて、「きっとこうに違いない。こういう感じなんだろうなぁ」というのを頑張ってやらせて頂きました。皆さんの想像を邪魔することのないような内容になっていればいいなって思います。
キャラクターの印象を教えてください。
阿部:アクアはイメージカラーが水色ということで、やっぱりすごく透明感のあるキャラクターでした。まだ成長過程だという印象はありましたが、ドラマCDの中でもあったんですが、成長が楽しみだと言われているキャラだし、それを感じさせるようなキャラだなと思っています。ところどころ17歳の少年っぽさみたいなものや、口調だったりとか、割と好奇心が旺盛だったりとかが見えたので、そこを頑張って両立させて行ければいいなと思いました。
中井:見せて頂いたビジュアルが、ホントに美形で浅黒い肌のワイルドなキャラクターだったので、最初は年かさなイメージで演じてみたんですが、「もっと軽い感じで!」というディレクションを頂いて、「そうなんだ!」と思いました(笑) 普段の若者らしい軽さと、責任ある立場にいる人らしさという、両面があるっていうところに演じがいを感じますし、そこがちゃんと出せていればいいなと思います。
印象に残っているセリフやシーンを教えてください。
阿部:雪豹とじゃれあうシーンがあるんですが、僕も動物とかもこもこしたものを触るのが好きなんです。けど、流石に雪豹とか虎とかにあったら危ないので触ったり出来ないと思うんですが、こんな風に抱きついてもこっちに甘えてくれる雪豹とかいたらいいなって思いました。アクアも気持ちよさそうにしてたんですが、もこもこしたら気持ちよさそうだなって思いました。そこを想像して演じていたので、うらやましいなと思いました。
中井:初対面の男の子を抱っこして筋肉の付き具合をチェックしてというのが、凄まじい出会いだなと思いました。
阿部:軽いセクハラですよね。
中井:軽くないですよ!(笑)  非常に印象的な出会いでした。
自分がヴァンパイアになったらしてみたいことはありますか?
阿部:何しようかなぁ(笑) きっと強くなるんですよね。スーパーヒーローみたいにビルをジャンプで飛び越えていったりしてみたいですよね。面白そうですよね。
中井:「あいつ強いぜ」ってことで、危ないことの矢面に立つのは嫌なのですが、吸血鬼であることを使って、献血のイメージキャラクターになったりして、うまいことマスコミに乗っかって、お金を儲けていって、それなりに裕福な暮らしが出来ればと思います(笑)
阿部:意外とあざといですね(笑)
中井:吸血鬼であることをうまく使いたいとは思いますけど、不死身でも危ないとか怖いとか嫌じゃないですか。
阿部:きっと痛いでしょうしね(笑)
文庫を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。
阿部:僕たちはまだドラマCDの中でのストーリーしかわからないんですが、その中でも色々な伏線っぽいものがあったり、気になる要素が多々あるので、これが今後どう展開していくのかが僕らも楽しみです。何よりも今後の展開があればいいなと僕自身思っているので、それには皆さんの応援が不可欠だと思いますので、一緒にこのアルティマブラッドを盛り上げていきましょう。ありがとうございました。
中井:非常に珍しい形で皆さんとお会いすることになる作品なんですけど、何しろ第1巻ですから、これから色んな物語が展開されていく基礎の部分になるところで、キャラクターのイメージを我々が方向づけさせて頂いたという形になるのかと思います。是非、皆さんの頭の中に今後長く続く物語に、僕らの声で想像を広げて頂ければ幸せだなと思います。
『アルティマ ブラッド』アクア役 阿部 敦/カミーユ役 中井和哉

浪川大輔さん

収録を終えての感想をお願いします。
浪川:今回はダイジェストではあったんですけど、非常に設定が細かい作品だなと思いました。ヴァンパイアものは昔から色々な設定がある中で、やっぱりちょっと変わっているというか、ワクワクさせられるような設定だったので、もっと色々な場面を演じてみたいなと思いました。よく語り継がれている設定と、この作品ならではの新たな設定がうまく融合されてわかりやすくて面白そうだと思います。
キャラクターの印象を教えてください。
浪川:キャラクターのセリフもそうなんですけど穏やかで、だけどいざとなった時は頼りがいがあって、お兄さんな感じのイメージがありました。綺麗な感じで、いつもシャワー浴びている気分でした(笑)ただ怒らせると怖いんじゃないかなって思います。いきなり見捨てたりしそうな気がするので。
印象に残っているセリフやシーンを教えてください。
浪川: 「怖くないから…痛くもしない」っていう。ここいやらしいですよね~。ヴァンパイアに噛まれたりとかってどういう感覚なのか分からないですけど、あんなに痕がつくほどブスって噛まれたら普通は痛いんじゃないかなーと思うんですけど、これどうやって痛くもしないのかなって非常に気になったセリフでした。やっぱり聴いてくれている方たちが「あっ、委ねてもいいかな」って思ってくれるように頑張ったセリフでもあったので、自分の中では一番汗をかいたセリフでした。
自分がヴァンパイアになったらしてみたいことはありますか?
浪川:ヴァンパイアの能力は詳しくはわからないですけど、空は飛べなくともジャンプ力は上がったりするわけで…。夜、人前に出てみたいですね。それで「…あれっ?」って思われたいです(笑) ジャンプしてパッといなくなる。そういうのを一回経験してみたいです。そういう能力でお金を稼ぎたいです(笑)
文庫を楽しみにしている方へのメッセージをお願いします。
浪川:ストーリー的には色んな可能性を持った期待の出来る作品だと思いますので、今回声を担当させて貰ってなるべくイメージに合うように、これからも頑張っていきたいと思います。まずはこの「アルティマブラッド」を楽しんで頂いて、盛り上げていって頂ければと思います。応援の程よろしくお願いします。
『アルティマ ブラッド』ジョセフィ役 浪川大輔

アニメイトTVでは『アルティマ ブラッド 緋色のフォークロア』のミニドラマCDの試聴ができちゃいます!! ミニドラマCDの試聴はこちらアニメイトTVインタビューページはこちら

フィリア編集部|新着情報

2015/08/20
【注意】「yomutosho.com」など、一部不許諾サイトに関するお知らせ
2014/07/30
電子書店 BOOKWALKERにてネクロマジックシリーズ特集が実施中!!
2014/06/06
2014年7月発売文庫のお知らせ★

フィリア編集部|公式Twitter