「箱詰めCD 5」 シナリオ公開≪3≫

本日は、8月28日発売「箱詰めCD 5 学校で一緒に箱詰め」のシナリオ3ヶ所目を公開します!

本日公開するトラックは【冬】で、2人は【修学旅行】に来ています。
男女の部屋は別々なのですが、消灯後にこっそり彼が会いに来てくれて……!

隣で友達が寝ている状態で、布団の中に籠ってこっそり彼とお喋りを楽しんで下さい♡

「続きを読む」からどうぞ!

***********************************************************

彼 「そう、他校の子も! あれはちょっとびっくりしたよ。
   握手とか、アイドルじゃないんだからさー……。
   好意は嬉しいけどね。
  (にっと笑って)でもオレは、やたらと他人に浮つかない子がいいなー。
   それよりも、部活や授業をちゃんと頑張ってるコに惹かれる。
  (耳元・甘く)今、目の前にいるコみたいなね。
  (拗ねたように)なのに、そういうコに限って、傍に来ない。
   さっき、みんなと遊んでたときも、離れた場所に座ってさ。
   オレは、それとなーく近く行こうと頑張ってたのに」

・驚くヒロイン。

彼 「(大げさに)あ、気付いてなかったんだ。
   オレ、一生懸命アイコンタクトでアピールしてたんだぜ。
   お前、友達とばっかり喋ってて、全然こっち見ないもんなぁ。
   ……あー、なんか凄いショック……」

・背中を向けて拗ねて見せる彼。

彼 「(離れて)……見ないで。オレ今、拗ねてんの。
   はぁ。座る場所移動したり、みんなでふざけるのに紛れて、手握ろうとしたり頑張ってたのにー」

・ごめんね、とヒロインが謝る。

彼 「悪いと思ってる?
  (向き直って・甘く)だったらキスして」

・ヒロインは、すぐそばに友達が寝ているから、と心配する。

彼 「うん。すぐ横で友達寝てるね。
   キスの音って響くからバレちゃうかも。
   それでも、して」

・無理だと首をふるヒロイン。

彼 「無理? そっかぁ……。
  (耳元)じゃあ、オレからしちゃう。 (キス)チュ」

・驚くヒロイン。友人たちが起きてしまわないか心配する。

彼 「キスの音なんて、そうそう聞こえるわけないでしょ」

・からかわれたことに気付き、ヒロインが彼を怒る。

彼 「(笑って)ごめん、ごめん。意地悪だったな。
   お前の反応が可愛いから、つい、さ。
  (耳元・甘く)ホントごめん。
  (可愛く)愛してるから許して?」

***********************************************************

  • 2013年07月04日
  • news