「箱詰めCD 5」 シナリオ公開≪2≫

8月28日発売「箱詰めCD 5 学校で一緒に箱詰め」のシナリオ公開2ヶ所目です!

本日公開するトラックは【秋】で、文化祭の準備中に【体育倉庫】が舞台です!
途中で先生が体育倉庫に入ってきてしまい、慌てて2人で大きな跳び箱の中に隠れているところになります。

息をひそめながら、跳び箱の中で彼とぴったりくっついているシチュエーションをお楽しみ頂けます(((o(*゚∀゚*)o)))

「続きを読む」からどうぞ♪

***********************************************************

・2人が隠れている跳び箱に、何かがガツンとぶつかる音。

彼 「っ!?」

・鍵の音やガサガサという手探りの音。
・教師が跳び箱の横で作業をしていて、時折ガサッとこすれるような大きな音もする。

彼 「(息をひそめる)」

・教師は、目当てのネットを手にした後、去っていく。

彼 「……ふぅ、緊張した~。……出ようか」

・彼が跳び箱の上部に手をかける。しかし、ガタガタ言うだけで簡単に持ちあがらない。

彼 「? 持ちあがらない。なんで?
   あっ、あいつ跳び箱の上に、色々乗っけてってる!」

・閉じ込められたのかと心配するヒロイン。

彼 「……うーん、少しずつ揺らせば落ちると思うけど。
   ったく、ちゃんと片付けていけよ」

・彼が跳び箱をガタガタと揺らして、上に乗ったものを落とそうとしながら。

彼 「それにしても、ネットなんて、なんに使うんだろ。
   ……あ、一個落ちた。あと少し。
   あいつが担任のクラス、文化祭でなにするか知ってる?」

・劇をやることを、ヒロインから聞く。

彼 「劇? (手を止めて)いいなぁ! オレも劇やりたかった」

・どんな劇がやりたいの?とヒロイン。

彼 「そうだなー。お姫様が出てくる劇。シンデレラとかさ。
   で、オレは王子役」

・ヒロインから、王子役が似合いそうだと褒められる。

彼 「ありがと。オレも自分でハマり役だろうなって思う。
  (悪戯っぽく)だって姫役のこと考えたら、オレ以外いないしね。
  (耳元・甘く)だろ、お姫様?」

・きょとんとするヒロイン。

彼 「なに? キョトンとした顔も可愛いね」

***********************************************************

  • 2013年07月02日
  • news