名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2013-04   >
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    

06/04:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャストインタビューUP★

05/29:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開2

05/28:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開1

05/27:「ドン・キホーテ  ~中二病でも旅がしたい!~」ジャケットイラスト公開♪

04/24:本日、「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」発売です!

04/15:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開4

04/11:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」試聴スタート!

04/09:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャスト決定!

03/29:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開3

03/22:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★

2013/04/15(月):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開4

シナリオ公開第4弾です★

今回は「もしもシリーズ」の忍者編!

**********************

【おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~ ニンジャ編】
 

ナレ-ション 「旅の俳人として名高い松尾芭蕉だが、
 おくのほそ道の旅程にはいろいろと不可解な点が多い。
 たとえば、歩く速度がやけに速い。
 仙台に妙に長く滞在している。
 逆にあれほどこだわっていた名所である松島を1日で去り、
 俳句も詠んでいない。
 関所で止められたのは本当に理由がないのか、など。
 研究者の中には、俳句の旅は偽装で、
 彼の目的は別のところにあったとする説を唱える者も少なくない。
         つまり松尾芭蕉は……
 幕府の密命を受けた、ニンジャだったのだ――!」
 
 
曾良 「先生、この辺りで休憩にしましょうか。…先生?」
 
・木枯らし吹きすさぶ中、街道で敵と対峙する芭蕉。
 
芭蕉 「どうやら追いつかれてしまったようだな……」
 
忍者 「ドーモ、松尾芭蕉サン。ニンジャ殺すべし! 俳句を詠め!」
 
・剣戟
 
曾良 「先生!? 何をやっているんですか!?」
 
芭蕉 「降りかかる火の粉は払うまで!」
 
忍者 「グワーッ!」

曾良 「まさかあれは、伝説の非人道兵器・マキビシ!
     まさか、まさか先生は…忍者だったのですか!」

芭蕉 「ふっ。バレてしまっては仕方ない…」
 
曾良 「いやいやいや!
     いくら先生が伊賀上野の出身だからってそれは安直ではないですか!?
     大阪の人が皆ひょうきんなお笑い好きとは限らないですし、
     紅茶が嫌いなイギリス人やバスケットが下手なアメリカ人もいると思います!」
 
芭蕉 「私が知っている大阪の人は皆、家にタコ焼き器持ってるよ!」
 
忍者 「貴様が俳句に仕込んだ暗号文、幕府に届けさせるわけにはいかぬ!」
 
曾良 「あれって暗号だったんですか!?」
 
芭蕉 「戦いながら俳句に暗号仕込む私、天才すぎじゃね!?」
 
曾良 「それ、無理がある設定だと思います!」
 
芭蕉 「曾良、下がっていろ!」

**********************

▲トップへ