名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2013-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

06/04:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャストインタビューUP★

05/29:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開2

05/28:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開1

05/27:「ドン・キホーテ  ~中二病でも旅がしたい!~」ジャケットイラスト公開♪

04/24:本日、「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」発売です!

04/15:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開4

04/11:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」試聴スタート!

04/09:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャスト決定!

03/29:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開3

03/22:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★

2013/03/22(金):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★



■小野坂昌也さん、近藤孝行さん インタビュー

――収録を終えての感想をお願いします。
 
小野坂:最近のCDドラマにしては珍しく、櫻井くんも一緒にいて、
     3人で会話を受けながら収録できたので、楽しく録ることができました。
 
近藤:松尾芭蕉さんをご存じの方はもちろん、深くはご存じない方も、
    非常に楽しめる作品になったんじゃないかと思います。
    テンポがいいですし、掛け合いがとにかく面白いので。
 
 
――今回、聴きどころや印象に残ったシーンはございましたか?
 
小野坂:松尾芭蕉が、旅をしながら日本を見て詩を作った意味がわかったかもしれません。
      綺麗な場所を見たかったっていうことなんだなあって。
 
スタッフ:こちらもそういったイメージで脚本を考えました。
 
小野坂:本当の松尾芭蕉の気持ちはわからないですけどね。
      ただ「日本って綺麗なんだよ」ってことを伝えたかったんだなっていう、
      詩人の気持ちがよくわかりました。
 
――近藤さんはいかがでしたでしょうか?
 
近藤:とにかく笑いが堪えられなかったのは、最上川!
 
――あの2人が落ちていく……(笑)
 
近藤:あれはちょっとヤバかったなと(笑) 僕はあそこが一押しです。
 
 
――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。
 
小野坂:今回、松尾芭蕉という国語の教科書にも出てくる、
      ある意味身近な方のお話です。
      皆さんも知っている俳句も出てくるので、
      きっと聴いていて「あぁ、知ってる知ってる!」と思うと思います。
      あと、櫻井くんがすごく面白くて、たくさん喋っているので、
      櫻井くんファンの人はこれを買ったほうが絶対良いと思うので、
      よろしくお願いします。
 
近藤:俳句っていうと、もしかするとちょっと堅苦しいイメージもあるかもしれません。
    でも、このドラマCDは導入部分としてすごく良いと思います。
    わかりやすいですし、とにかくドラマCDとしてのクオリティーも高くて面白いので、
    是非聴いてください。
 
――ありがとうございました。

***

■櫻井孝宏さん コメント

――収録を終えての感想をお願いします。

刺激的過ぎてよく覚えておりません。
小野坂さんについていったらゴールしてました。

  
――印象に残ったシーンはございましたか?
 
ほぼ一発録りのラップです。

……あれはラップなんですかね。
  

――ファンの皆様へのメッセージをお願い致します。
 
もしかしたら本物より面白いかもしれないです!
あくまで“かもしれない”ですけど!
 
――ありがとうございました。

▲トップへ