名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2013-03   >
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      

06/04:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャストインタビューUP★

05/29:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開2

05/28:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開1

05/27:「ドン・キホーテ  ~中二病でも旅がしたい!~」ジャケットイラスト公開♪

04/24:本日、「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」発売です!

04/15:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開4

04/11:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」試聴スタート!

04/09:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャスト決定!

03/29:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開3

03/22:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★

All
General
シナリオ
ヤブノナカ
注文の多い第六天魔王
走れ☆メロス

2013/03/29(金):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開3

シナリオ公開第3弾です♪
今回は「もしもシリーズ」のHIPHOP編!

**********************

【おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~ HIPHOP編】

芭蕉 「Hi!句! 男子!
     YO YO YO 5・7・5!
     時は元禄! 平和に満足!
     日常系? オールオッケー!
     文! 系! 男! 子!
 
     俳諧って言うと不審者みたいだけど字が違うんだぜ!」
 
曾良 「赤穂浪士討ち入りまで後13年です。
 
     戦争反対! 一生安泰!
     のんび~り暮らしたい
     草! 食! 男! 子!」
 
芭蕉 「夏はほととぎす 秋はキリギリス
     岩にしみいる セミたちの声
     Hi!句! 男子!」
 
曾良 「でも地味ですよね?」
芭蕉 「強引なハーレム展開とか能力バトルとかもううんざりなんだよ!」
曾良 「そんなこと言っていいんですか!?」
芭蕉 「言っちゃえ言っちゃえ! 日常最高ー!」
 
曾良 「春はうぐいす 冬は雪景色
     季節折々 美しい風景
     Hi!句 男子!」
 
芭蕉 「かわず飛び込む 水の音 BASHO!
     かるみ わびさび とにかくシンプル
     Hi!句 男子!」
 
芭蕉 「結局最後まで残るのは普通のものなんだよ!」
曾良 「あんまり普通すぎると残りませんけどね!」
 
芭蕉 「曾良、それは言っちゃだめ」

**********************

▲トップへ

2013/03/22(金):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★



■小野坂昌也さん、近藤孝行さん インタビュー

――収録を終えての感想をお願いします。
 
小野坂:最近のCDドラマにしては珍しく、櫻井くんも一緒にいて、
     3人で会話を受けながら収録できたので、楽しく録ることができました。
 
近藤:松尾芭蕉さんをご存じの方はもちろん、深くはご存じない方も、
    非常に楽しめる作品になったんじゃないかと思います。
    テンポがいいですし、掛け合いがとにかく面白いので。
 
 
――今回、聴きどころや印象に残ったシーンはございましたか?
 
小野坂:松尾芭蕉が、旅をしながら日本を見て詩を作った意味がわかったかもしれません。
      綺麗な場所を見たかったっていうことなんだなあって。
 
スタッフ:こちらもそういったイメージで脚本を考えました。
 
小野坂:本当の松尾芭蕉の気持ちはわからないですけどね。
      ただ「日本って綺麗なんだよ」ってことを伝えたかったんだなっていう、
      詩人の気持ちがよくわかりました。
 
――近藤さんはいかがでしたでしょうか?
 
近藤:とにかく笑いが堪えられなかったのは、最上川!
 
――あの2人が落ちていく……(笑)
 
近藤:あれはちょっとヤバかったなと(笑) 僕はあそこが一押しです。
 
 
――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。
 
小野坂:今回、松尾芭蕉という国語の教科書にも出てくる、
      ある意味身近な方のお話です。
      皆さんも知っている俳句も出てくるので、
      きっと聴いていて「あぁ、知ってる知ってる!」と思うと思います。
      あと、櫻井くんがすごく面白くて、たくさん喋っているので、
      櫻井くんファンの人はこれを買ったほうが絶対良いと思うので、
      よろしくお願いします。
 
近藤:俳句っていうと、もしかするとちょっと堅苦しいイメージもあるかもしれません。
    でも、このドラマCDは導入部分としてすごく良いと思います。
    わかりやすいですし、とにかくドラマCDとしてのクオリティーも高くて面白いので、
    是非聴いてください。
 
――ありがとうございました。

***

■櫻井孝宏さん コメント

――収録を終えての感想をお願いします。

刺激的過ぎてよく覚えておりません。
小野坂さんについていったらゴールしてました。

  
――印象に残ったシーンはございましたか?
 
ほぼ一発録りのラップです。

……あれはラップなんですかね。
  

――ファンの皆様へのメッセージをお願い致します。
 
もしかしたら本物より面白いかもしれないです!
あくまで“かもしれない”ですけど!
 
――ありがとうございました。

▲トップへ

2013/03/21(木):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」ジャケ写が完成♪

こちらが、2013年4月24日にお店に並びます!
是非ゲットしてくださいね★

おくのほそ道

▲トップへ

2013/03/19(火):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開2

シナリオ公開、第2回です!

**********************

【おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~ 本編】
 
曾良 「ちなみにタイトルの“おくのほそ道”とは、
     仙台に入って名取川を越えたところの細い街道のことなんですが、
     ふるーいコケむした石碑があるだけで特に盛り上がらないので省略します」
 
芭蕉 「盛り上がらないことないよ! 壺の碑ちょーよかったよ!」
 
曾良 「先生が語っていた長い歴史ウンチク、あれを全て収録していたらきりがありません。
     結局あの石碑が何なのか、よくわからなかったんですが、
     どうして先生はあそこで泣くほど感動していたんです?」
 
芭蕉 「何百年も語り継がれる名所史蹟と、そこにまつわる人の心ってものがさあ!」
 
曾良 「この後に源平合戦の名所が山のようにありますから、そこでまとめて泣いて頂いて」
 
芭蕉 「仙台城下町でお世話になった加右衛門さんもすごくいい人だったじゃない!?
     観光案内してくれたし、絵も描いてくれたし、せんべつにお手製のわらじまで!」
 
曾良 「加右衛門さんは良い方でしたが、
     季節ではないので全然花が咲いていない萩の名所を案内してくれたり、
     鬱蒼とした森を案内してくれたり、何がしたいのかよくわからなくて、すごく微妙でした」
 
芭蕉 「そういう言い方はないと思う!
     むしろ萩の季節じゃないのに仙台に来てる我々が悪いんだよ!」
 
曾良 「つまり、先生のスケジュール調整がよろしくないと。
     まだ奥州に着いていません。まいて! まいてください!」
 
芭蕉 「末の松山は面白かったじゃん。
     恋の歌を歌ったはずの松林の中にお墓いっぱいできてて、
     永遠の愛を誓っても、最後は皆墓の下ーってブラックジョークかよってオチついてて!」
 
曾良 「確かにあれは笑いましたけど、それだけのために場面転換するのって大変なんですよね。
     先生の日記、細切れでシーン1個1個がすごく短いんです」
 
芭蕉 「トータル2万4千キロも歩くのに、いちいち細かく書いてられないしー」
 
曾良 「先生、結局何がしたいんですか」

**********************

 

▲トップへ

2013/03/16(土):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開1

2013年4月24日発売予定の「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」。

先日、収録が終了しました♪
小野坂さんと櫻井さんの超ハイテンポな掛け合いが光る1枚になりそうです!

こちらのシナリオ公開をスタート!

**********************

【おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~ 本編】
 
芭蕉 「ねー、曾良ー」
 
曾良 「何ですか、芭蕉先生」
 
芭蕉 「あのさー……旅に出たい」
 
曾良 「この間京都に行ったばかりじゃないですか」
 
芭蕉 「それ、もう2年も前じゃん」
 
曾良 「あのですね! この時代、新幹線ないですから。
     江戸から京都まで歩きですから。
     2年と言わず一生に一度でいいんです!」
 
芭蕉 「フツーの人ならそれでいいけどさー。
     私は旅する俳人・松尾芭蕉だよ?
     旅をしてない私なんて、ただの小粋な紳士じゃない」
 
曾良 「先生、業界あるあるネタでブレイクして、いつまで経ってもそっちがやめられなくて、
     本業と副業の見分けがつかない芸人みたいです。
     そのパターンを繰り返していると、止めどころを見失って、
     いつかチョモランマのてっぺんや南極で俳句を詠む羽目になりますよ」
 
芭蕉 「江戸時代に南極は無理でしょー。
     ていうか、もういろいろ決まってるんだよね。
     この家は人に譲って、
     出発までしばらく杉風の別荘に泊まるって話になってるんだけど」
 
曾良 「はあ!? 勝手に何決めてるんですか!
     杉風さんからはそんな話一言も聞いてませんよ!?」
 
芭蕉 「曾良、他の弟子たちとあんまり話してない?
     もしかして仲悪い? ハブられてるの?」
 
曾良 「ハブられていません!
     そもそも、旅に出なくても旅行気分が味わえるように、
     自宅をエキゾチックに改造したいっておっしゃるから、
     弟子の皆で頑張って唐土から取り寄せた芭蕉を庭に植えたりしたのに!
     その家を人に譲るとか!」
 
芭蕉 「いやー、もう次の入居者決まってるし」
 
曾良 「先生だって、
     調子に乗ってペンネームを“芭蕉”に変えたくらい気に入っていたじゃないですか!
     芭蕉って音はちょっとかっこいいけど、
     実際何かって言うと中国原産の食べられないバナナの一種ですよ!
     松尾バナナってことなんですよ!」
 
芭蕉 「それはそれで日本文学史的にはアリだと思うけどねー。
     もういいじゃん」
 
曾良 「良くありません!」

**********************

▲トップへ

2013/03/12(火):「おくのほそ道」ジャケットイラスト完成!

今回も笠井あゆみ先生によるジャケットイラストが完成しました!

ジャケットイラスト

今回も超美麗!

近日シナリオ公開もスタートです♪

▲トップへ

2013/03/06(水):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」のもしもシリーズは…?

「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」も、
もちろんシリーズ恒例の「もしもシリーズ」ドラマを収録!

今回の「もしもシリーズ」は、この4本!

●田舎に泊まろう!編

●ニンジャ編 

●HIPHOP編

●蕉門十哲編

スタッフのオススメはなんといっても「HIPHOP編」!
一体どんなドラマになるか、お楽しみに♪

▲トップへ