名作文学(笑)シリーズ 制作日誌

 

【通信販売はこちら】
>>

「アリ&キリギリス」通販

<<
>> 「狼はつらいよ」通販 <<
>> 「渡る世間は鬼だらけ」通販 <<
>> 「ラビットVSタートルズ」通販 <<
>> 「北風VS太陽」通販 <<
>> 「走れ☆メロス」通販 <<
>> 「ヤブノナカ」通販 <<
>> 「注文の多い第六天魔王」通販 <<
>> 「山月記 -世界の中心で アイを叫んだ獣-」通販 <<
>> トップに戻る <<
 

各巻定価:2,625円
FCCN-0055・56・58・59

発売元:フロンティアワークス
販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

(C)2009フロンティアワークス
>> トップに戻る <<

<   2017-04   >
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      

06/04:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャストインタビューUP★

05/29:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開2

05/28:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開1

05/27:「ドン・キホーテ  ~中二病でも旅がしたい!~」ジャケットイラスト公開♪

04/24:本日、「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」発売です!

04/15:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開4

04/11:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」試聴スタート!

04/09:「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャスト決定!

03/29:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開3

03/22:「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★

2013/06/04(火):「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャストインタビューUP★

photo

■浪川大輔さん、森川智之さん、檜山修之さんインタビュー


――収録を終えてのご感想をお願いします。
 
浪川:キャストの人数が少ない中で、この大きな物語をやるというのは、
    非常にエネルギーを使う感じでした。でも、演じてていろんなことができました。
 
スタッフ:キホーテは、頭を打って急にキャラクターが変わってしまうシーンがありましたが、
      そちらはいかがでしたか?
 
浪川:急に堅くなるので、喋りづらかったです。
 
一同:(笑)
 
浪川:ゆる~い感じから、急にカチッとした騎士になるので、
    騎士って大変だなって思いました(笑)
 

――森川さんはいかがでしたか?
 
森川:こんな壮大なお話を3人でやるなんて……
 
浪川:それ、僕が言いました。
 
一同:(笑)
 
森川:最初はゆるいキャラとして出てきて、
    途中からカチッとなったんで……
 
浪川:あれ、それもなん聞いたような(笑)
 
一同:(笑)
 
浪川:でも一緒ですね。サンチョもそうでしたよね(笑)
 
森川:大変でしたが、気心の知れたメンバーで収録できたので、
    すごく楽しく、そしてあっという間の収録でした。
 
 
――今回一番大変だったと思われる檜山さん、お願いします。
 
檜山:ある意味で壮大なお話を3人でやるのは……。
 
一同:(笑)
 
檜山:いや、わかってるよ!(笑)
    主役の2人とはちょっと違う形で、
    壮大な世界観を一手に引き受けたのは僕だと思います!(笑)
 
浪川:旅に出るたびに檜山さんがいるっていうね(笑)
 
檜山:そういった意味では、キャラクターをたくさん作らなければいけない大変さはありましたが、
    おかげでいろいろなことをやれました。
    ちょっとした檜山劇場だったので、それはそれで面白かったですね。
 
 
――印象に残ったシーンや聴きどころはありますか?
 
檜山:僕は原作をしっかりとは読んではいなかったのですが、
    なんとなく『ドン・キホーテ』のお話を知っていましたので、
    シナリオを読んで「こんなお話だったよな」とは思って演じました。
    ただ怖いのは、このCDだけを聴いた皆さんが
    「『ドン・キホーテ』ってこうだよね!」という錯覚をされると、
    我々はちょっと罪作りな感じになっちゃいます。
    なので、このCDはパロディとして楽しんで頂いて、
    なおかつ原作に興味が沸いた方は、
    本来の『ドン・キホーテ』の世界に進んで頂けると素晴らしいのではないかと思います。
 
浪川:演じられて本当に良かったです。
    檜山さんも仰っていたように、
    原作に興味をもってほしいという一面も確かにあると思うんですけど、
    あえて言うと、僕はこれが『ドン・キホーテ』なんだと思います。
 
一同:(笑)
 
森川:全てが嵐のように過ぎ去っていって、どこがどうだったか……。
 
檜山:森川は収録終わった途端に急に疲れ果てたね(笑)
 
森川:ガス欠になっちゃって(笑)
 
浪川:終わった瞬間に頭抱えちゃってましたよね(笑)
 
森川:誰もが知っているあの風車のシーンがここで来るのか、と。
    なおかつその次の展開が面白かったので、そこが僕からのおすすめポイントです。
 
 
――ファンの方々へのメッセージをお願いします。
 
浪川:頑張ったので聴いて下さい!
    すごく楽しかったので、その空気が伝わればいいですね。
 
森川:僕にとってキホーテは浪川大輔です(笑)
    幼い頃は、『ドン・キホーテ』は子供向けの童話として聞かされていました。
    僕も檜山もそういうイメージしか無くて、今回、「実際はどんな話なんだろう」と知りたくなりました。
    このCDを聴いて、是非『ドン・キホーテ』に興味を持って頂いて、
    浪川大輔がいかにキホーテかというところを確認して頂ければと思います。
    よろしくお願いします。
 
檜山:僕は最近、なぜか中二病的な役を演じることが増えて参りまして、
    正直ものすごく手探りで、ここ何年かやっていたんです。
    でも、今回「中二病ってこういうことか!」と、一つの参考になりました。
    ある意味、中二病のパイオニアはキホーテなんだな、と(笑)
    風車に突入するとか、悪く言えば妄想癖がある、
    良く言えば、自分の想いに真っすぐなんですよね。
    これを機に、今後の僕の中二病芝居のサンプルとして、
    『ドン・キホーテ』を読んでみようと思います。
    そして、森川も言いましたけど、大ちゃん(浪川さん)こそがキホーテです!
 
――ありがとうございました。

▲トップへ

2013/05/29(水):「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開2

本日より、2013年6月26日発売予定の、
「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開第2弾!

サンチョ登場、ですが……。

**********************

【ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~ 本編】

キホーテ「ただーいまー…」

執事  「お帰りなさいませ。
     お風呂とお食事は、どちらになさいますか」

キホーテ「疲れた…お風呂…」

執事  「かしこまりました」

キホーテ「ううー。一人旅は無理だよー。
     辛いよー。一日が限界だよぉ」

執事  「サンチョさん、早速お仕事です。
     旦那様の鎧を脱がせて差し上げてください。
     こうなっては、旦那様はご自分では何もなさいません」

サンチョ「これが、キホーテ様?」

執事  「はい、うちの旦那様です」

キホーテ「ちょっとー。
     旦那様はやめて、キホーテ様って呼んでって言ったじゃないかー」

執事  「失礼致しました、キホーテ様」

キホーテ「オッケー、イイ感じ☆ で、君はだあれ?」

サンチョ「オラはサンチョでさ。キホーテ様」

キホーテ「サンチョ?」

執事  「キホーテ様の従者でございます」

キホーテ「そうなの?」

サンチョ「はい」

執事  「私がお雇いしました」

サンチョ「ちょうど仕事がなくて困ってたんでさ。ありがてえ。
     何なりと言ってくだせえ」

キホーテ「そっかぁ。君が僕の従者……」

サンチョ「なんなら、風呂で背中流しましょか?」

キホーテ「うっ……」

執事  「? どうされました」

キホーテ「うわーい! ありがとう!」

・サンチョに抱きつくキホーテ

サンチョ「ぐぇ! いたたたた痛い痛い! マジ痛い!」

キホーテ「一人旅って本当に寂しかったんだぁ!
     ご飯食べても味がしないし、話し相手もいないし!
     これで安心だね!」

サンチョ「さらに力こめないで! いたいいたいいたい!」

執事  「サンチョさん、これもお仕事です」

サンチョ「そうなんですかい!?
     だったら、もうちょっと時給あげてもらわねえと!」

**********************

果たしてサンチョはずっとこの喋り方なのか!?
こうご期待です☆

▲トップへ

2013/05/28(火):「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開1

本日より、2013年6月26日発売予定の、
「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」シナリオ公開第1弾!

本編からスタート♪
一体どのような旅が始まるのか――

**********************

【ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~ 本編】

執事  「旦那様、旦那様。お食事の時間です。
     そろそろお部屋から――」

・勢いよく扉を開くキホーテ。

キホーテ「――決めた! 僕は決めたぞ!」

執事  「どうなさいました」

キホーテ「騎士というものは、戦いに強いだけでも、
     女の子にモテるだけでもいけない。そうだよね?」

執事  「はい」

キホーテ「“スゴーイ! カッコイー! きゃあステキ!”と言われるには、
     ちゃんとした実績がいるんだ!」

執事  「左様ですか」

キホーテ「ただ強い。なんかモテる。これじゃ全然ダメ!
     名前に見合うだけの冒険や試練がなくっちゃ、
     騎士とは呼べないよ」

執事  「旦那様、また騎士道物語読んでいらしたのですか」

キホーテ「そこで僕は考えたのさ。僕も騎士になるって」

執事 「……」

キホーテ「最近理想の騎士っていないんだよね。だから僕が――」

執事  「人には向き不向きというものがございます。
     失礼ながら、旦那様は荒事には向いておられないかと」

キホーテ「あのね、荒事に向いているかどうかは騎士道には関係ないの」

執事  「では、一体何が必要なのでしょう」

キホーテ「騎士とは何か!
     それをちゃんと理解してないとダメなんだよ~。
     この世界に、僕くらいそれを理解してる人がいると思う?」

執事  「旦那様の騎士道物語コレクションのおかげで、
     我が城は傾きかけておりますが」

キホーテ「でしょ? そんな騎士に対して知識が豊富な僕こそが、
     最高の騎士になれる可能性を秘めてるわけ!」

執事  「…左様ですか」

キホーテ「理想の騎士がいないなら、自分が理想の騎士になればいい!
     なんでこんな簡単な事に今まで気づかなかったんだろ。あはは。
     今日から僕の名前はドン・キホーテ・デ・ラ・マンチャ。
     僕こそが理想の騎士、それがドン・キホーテだ!」

**********************

▲トップへ

2013/05/27(月):「ドン・キホーテ  ~中二病でも旅がしたい!~」ジャケットイラスト公開♪

2013年6月26日発売予定の
「ドン・キホーテ  ~中二病でも旅がしたい!~」、
ジャケットイラストが完成しましたのでお披露目です!

今回も笠井あゆみ先生の美しいイラスト。
もちろん描かれているのは、キホーテ(CV:浪川大輔)です。



果たしてお話は、本当にこの絵のようなお話なのか……!?

明日よりシナリオ公開スタート!
お楽しみに☆

▲トップへ

2013/04/24(水):本日、「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」発売です!

本日、4月24日は「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」が発売です!

皆様、是非お聴きになったら、
フロンティアワークスのアンケートページから、アンケートをお送りくださいね!
宜しくお願い致します。

アンケートにお答えいただいた方の中から、
抽選で3名様に出演いただいた皆様の寄せ書きサイン色紙をプレゼントいたします♪

▲トップへ

2013/04/15(月):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開4

シナリオ公開第4弾です★

今回は「もしもシリーズ」の忍者編!

**********************

【おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~ ニンジャ編】
 

ナレ-ション 「旅の俳人として名高い松尾芭蕉だが、
 おくのほそ道の旅程にはいろいろと不可解な点が多い。
 たとえば、歩く速度がやけに速い。
 仙台に妙に長く滞在している。
 逆にあれほどこだわっていた名所である松島を1日で去り、
 俳句も詠んでいない。
 関所で止められたのは本当に理由がないのか、など。
 研究者の中には、俳句の旅は偽装で、
 彼の目的は別のところにあったとする説を唱える者も少なくない。
         つまり松尾芭蕉は……
 幕府の密命を受けた、ニンジャだったのだ――!」
 
 
曾良 「先生、この辺りで休憩にしましょうか。…先生?」
 
・木枯らし吹きすさぶ中、街道で敵と対峙する芭蕉。
 
芭蕉 「どうやら追いつかれてしまったようだな……」
 
忍者 「ドーモ、松尾芭蕉サン。ニンジャ殺すべし! 俳句を詠め!」
 
・剣戟
 
曾良 「先生!? 何をやっているんですか!?」
 
芭蕉 「降りかかる火の粉は払うまで!」
 
忍者 「グワーッ!」

曾良 「まさかあれは、伝説の非人道兵器・マキビシ!
     まさか、まさか先生は…忍者だったのですか!」

芭蕉 「ふっ。バレてしまっては仕方ない…」
 
曾良 「いやいやいや!
     いくら先生が伊賀上野の出身だからってそれは安直ではないですか!?
     大阪の人が皆ひょうきんなお笑い好きとは限らないですし、
     紅茶が嫌いなイギリス人やバスケットが下手なアメリカ人もいると思います!」
 
芭蕉 「私が知っている大阪の人は皆、家にタコ焼き器持ってるよ!」
 
忍者 「貴様が俳句に仕込んだ暗号文、幕府に届けさせるわけにはいかぬ!」
 
曾良 「あれって暗号だったんですか!?」
 
芭蕉 「戦いながら俳句に暗号仕込む私、天才すぎじゃね!?」
 
曾良 「それ、無理がある設定だと思います!」
 
芭蕉 「曾良、下がっていろ!」

**********************

▲トップへ

2013/04/11(木):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」試聴スタート!

本日より、アニメイトTVにて、試聴がスタートしました♪

スタッフ一押しの「HIPHOP編」。
是非聞いてくださいね♪

 

▲トップへ

2013/04/09(火):「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」キャスト決定!

2013年6月26日発売予定の『名作文学(笑)シリーズ』新作ドラマCD第2弾、
「ドン・キホーテ ~中二病でも旅がしたい!~」のキャストが決定!

今回の豪華キャストはこちら♪

キホーテ:浪川大輔

サンチョ:森川智之

主人と従者のダブルボケ(!?)な掛け合いを、こちらのお二人に演じて頂きます。
お楽しみに!

▲トップへ

2013/03/29(金):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」シナリオ公開3

シナリオ公開第3弾です♪
今回は「もしもシリーズ」のHIPHOP編!

**********************

【おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~ HIPHOP編】

芭蕉 「Hi!句! 男子!
     YO YO YO 5・7・5!
     時は元禄! 平和に満足!
     日常系? オールオッケー!
     文! 系! 男! 子!
 
     俳諧って言うと不審者みたいだけど字が違うんだぜ!」
 
曾良 「赤穂浪士討ち入りまで後13年です。
 
     戦争反対! 一生安泰!
     のんび~り暮らしたい
     草! 食! 男! 子!」
 
芭蕉 「夏はほととぎす 秋はキリギリス
     岩にしみいる セミたちの声
     Hi!句! 男子!」
 
曾良 「でも地味ですよね?」
芭蕉 「強引なハーレム展開とか能力バトルとかもううんざりなんだよ!」
曾良 「そんなこと言っていいんですか!?」
芭蕉 「言っちゃえ言っちゃえ! 日常最高ー!」
 
曾良 「春はうぐいす 冬は雪景色
     季節折々 美しい風景
     Hi!句 男子!」
 
芭蕉 「かわず飛び込む 水の音 BASHO!
     かるみ わびさび とにかくシンプル
     Hi!句 男子!」
 
芭蕉 「結局最後まで残るのは普通のものなんだよ!」
曾良 「あんまり普通すぎると残りませんけどね!」
 
芭蕉 「曾良、それは言っちゃだめ」

**********************

▲トップへ

2013/03/22(金):「おくのほそ道 ~そうだ、伊勢に行こう~」キャストインタビューUP★



■小野坂昌也さん、近藤孝行さん インタビュー

――収録を終えての感想をお願いします。
 
小野坂:最近のCDドラマにしては珍しく、櫻井くんも一緒にいて、
     3人で会話を受けながら収録できたので、楽しく録ることができました。
 
近藤:松尾芭蕉さんをご存じの方はもちろん、深くはご存じない方も、
    非常に楽しめる作品になったんじゃないかと思います。
    テンポがいいですし、掛け合いがとにかく面白いので。
 
 
――今回、聴きどころや印象に残ったシーンはございましたか?
 
小野坂:松尾芭蕉が、旅をしながら日本を見て詩を作った意味がわかったかもしれません。
      綺麗な場所を見たかったっていうことなんだなあって。
 
スタッフ:こちらもそういったイメージで脚本を考えました。
 
小野坂:本当の松尾芭蕉の気持ちはわからないですけどね。
      ただ「日本って綺麗なんだよ」ってことを伝えたかったんだなっていう、
      詩人の気持ちがよくわかりました。
 
――近藤さんはいかがでしたでしょうか?
 
近藤:とにかく笑いが堪えられなかったのは、最上川!
 
――あの2人が落ちていく……(笑)
 
近藤:あれはちょっとヤバかったなと(笑) 僕はあそこが一押しです。
 
 
――ファンの皆様へのメッセージをお願いします。
 
小野坂:今回、松尾芭蕉という国語の教科書にも出てくる、
      ある意味身近な方のお話です。
      皆さんも知っている俳句も出てくるので、
      きっと聴いていて「あぁ、知ってる知ってる!」と思うと思います。
      あと、櫻井くんがすごく面白くて、たくさん喋っているので、
      櫻井くんファンの人はこれを買ったほうが絶対良いと思うので、
      よろしくお願いします。
 
近藤:俳句っていうと、もしかするとちょっと堅苦しいイメージもあるかもしれません。
    でも、このドラマCDは導入部分としてすごく良いと思います。
    わかりやすいですし、とにかくドラマCDとしてのクオリティーも高くて面白いので、
    是非聴いてください。
 
――ありがとうございました。

***

■櫻井孝宏さん コメント

――収録を終えての感想をお願いします。

刺激的過ぎてよく覚えておりません。
小野坂さんについていったらゴールしてました。

  
――印象に残ったシーンはございましたか?
 
ほぼ一発録りのラップです。

……あれはラップなんですかね。
  

――ファンの皆様へのメッセージをお願い致します。
 
もしかしたら本物より面白いかもしれないです!
あくまで“かもしれない”ですけど!
 
――ありがとうございました。

▲トップへ