• Vol.1

    風邪薬/シャンプー&リンス

    ドラマCD「いきなり同棲シリーズ 癒しの妖精セラピア」Vol.1

    好評発売中

    出演:
      風邪薬:遊佐浩二
      シャンプー:岡本信彦
      リンス: 木村良平

    定価:2,625円(税込)

    発売・販売元:フロンティアワークス

    販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    ©Frontier Works

  • Vol.2

    柔軟剤/ドレッシング

    2012年6月20日発売予定

    出演:
      柔軟剤:立花慎之介
      ドレッシング:吉野裕行

    定価:2,625円(税込)

    発売・販売元:フロンティアワークス

    販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    ©Frontier Works

  • Vol.3

    スマートフォン/マスカラ

    2012年10月24日発売予定

    出演:
      スマートフォン:平川大輔
      マスカラ:鳥海浩輔

    定価:2,625円(税込)

    発売・販売元:フロンティアワークス

    販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    ©Frontier Works

  • Twitter

RSS擾

ドラマCD「いきなり同棲シリーズ 癒しの妖精セラピア」Vol.3の収録現場にて、スマートフォンのセラピア役 平川大輔さん、マスカラのセラピア役 鳥海浩輔さんから、収録直後にコメントを頂きました!

●スマートフォンのセラピア:平川大輔さん

――本日はお疲れ様でした。収録を終えてのご感想をお願い致します。

平川大輔さん(スマートフォンのセラピア役):ほっとしました(笑)

――着うた部分を歌って頂きましたが、難しい曲をお願いしてしまい、申し訳ありません。

平川:(笑) 台本と一緒にCDが届いた時には、「どうしよう!」と思ったんですけれども、何とか無事に終わったので、ほっとしております(笑)

――凄く素敵な歌声でした! 聴いて下さる皆様にもお勧めしたいシーンになりました!

平川:良かったです。ありがとうございます(笑)

――マネージャーさんに伺ったのですが、平川さんご自身はスマホではなくガラケーをお使いなんですね。

平川:そうなんですよ。ほんと僕ね、未だにスマホが使えないっていうね(笑)

――作品の公式Twitterにも、「スマホ持ってないんですけど……」というリプライを頂いたことがあるのですが、操作方法など、想像し難い部分もありましたでしょうか。

平川:大丈夫です! 演じている人間もガラケーなので、安心して下さい(笑) 某携帯電話会社のCMのような感じを想像して頂ければと思います(笑)

――演じられた「スマートフォンのセラピア」は、どのようなキャラクターでしたでしょうか。

平川:とても落ち着いていて、しっかりした性格だと、最初にイメージについてご指示頂いていたんですけれど、ご主人様との関係性が時間の経過とともに変わって、甘えとは違いますが、段々親密度があがるにつれて自分の気持ちが出てくるようになります。そうすると、しっかりはしているんでしょうけど、「可愛いなぁ、こいつ(笑)」と思うようなところがそこかしこに見えてくるキャラクターでした。
僕の勝手な想像ですが、きっとご主人様より年下っぽいイメージです。実は(ご主人様から)頼りにされているけれど、翻弄もされていて、っていう感じじゃないかな、と思ってやらせて頂きました。そこが最大の魅力だと思っています。

――気にいったシーンやセリフがございましたら、教えて頂ければと思います。

平川:メールが届いた時に、メール本文は送ってきた方の気持ちで、絵文字は棒読みで(演じる)、というシーンがあったのですが、その絵文字部分の「ニコニコ(棒読み)」「バイバイ(棒読み)」っていうのが、自分でも、ちょっと笑いをこらえながらやっていました(笑)

――最後に、CDを聴く前のファンの皆様へ、メッセージをお願い致します。

平川:今回のVol.3はスマートフォンとマスカラということで、Vol.1やVol.2と比べると、より女性にとって身近なものというか、常に手元にあって(ご主人様の生活との)関係が密なもの、というアイテムでお送りしております。このCDを聴いて頂く時に、実際に皆様もお持ちのスマートフォンや携帯、それにマスカラを、目の届く距離に置いて頂きながらだと、違った楽しみ方ができるかと思います。そんな楽しみ方もお勧めです。

――ありがとうございます。

 

●マスカラのセラピア:鳥海浩輔さん

――本日はお疲れ様でした。収録を終えてのご感想をお願い致します。

鳥海浩輔さん(マスカラのセラピア役):ずっと1人で語っていくものなので、長い1人旅だったんですけれども。割とメイク用品だったり、男性にはあまり普段馴染みのないものが出てくるので、パッと自分の中で言葉として、脳から口に出てくるまでが意外とすぐに連動してなくて、少し難しかったです(笑)

――化粧水は使われるとキャストトークで仰られてましたね。最近は使われる男性も多いですよね。

鳥海:肌がすごい弱いんでね、結構色々試しましたね。ひげも剃るから荒れちゃうんですよ(笑)

――演じられた「マスカラのセラピア」は、どのようなキャラクターでしたでしょうか。

鳥海:マスカラさんは、一見俺様的な、上から目線なところがある人だったんですけど、話が進んでいくと、すごく良い人でしたね。お兄ちゃんみたいな(笑) 結果突き放せない人だから、優しさみたいなものがあって、非常に気持ちの良い男だなと思いましたね。励まし続けてあげたり。決して言葉が綺麗なわけじゃないんですけど、すごく親身になってくれて。良い人でしたね。

――電車5本を見送って、一緒にいてくれてますからね。(あるシーンより)

鳥海:一番短い感覚の電車でも10分くらいは待ってくれてますからね。……そう考えるとすぐですね(笑) 山手線とかだとすぐですね(笑)

――気にいったシーンやセリフがございましたら、教えて頂ければと思います。

鳥海:結構メイクを落としてたり、メイクしてあげてるシーンが多かったので、僕も(CDの)出来あがりを楽しみにしています。どんな音を入れるんだろう、って。メイクの音って難しいと思うんですよね。メイクを落としたりつけたり、そんなに音がするもんじゃないと思うんで。あんまりメイクをするシーンってドラマCDにないと思うので、完成した時にどうなっているのか、僕も演じながら楽しみでした。そのあたり皆さんも注意して聴いて頂ければと思います。

――最後に、CDを聴く前のファンの皆様へ、メッセージをお願い致します。

鳥海:このCDはですね、聴くと、非常に綺麗になります。貴女も綺麗になれます。心も綺麗になれます。嘘だと思うなら、聴いてみなっ!! なんつってね!(笑)

――ありがとうございます。

ページのトップへ