• Vol.1

    風邪薬/シャンプー&リンス

    ドラマCD「いきなり同棲シリーズ 癒しの妖精セラピア」Vol.1

    好評発売中

    出演:
      風邪薬:遊佐浩二
      シャンプー:岡本信彦
      リンス: 木村良平

    定価:2,625円(税込)

    発売・販売元:フロンティアワークス

    販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    ©Frontier Works

  • Vol.2

    柔軟剤/ドレッシング

    2012年6月20日発売予定

    出演:
      柔軟剤:立花慎之介
      ドレッシング:吉野裕行

    定価:2,625円(税込)

    発売・販売元:フロンティアワークス

    販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    ©Frontier Works

  • Vol.3

    スマートフォン/マスカラ

    2012年10月24日発売予定

    出演:
      スマートフォン:平川大輔
      マスカラ:鳥海浩輔

    定価:2,625円(税込)

    発売・販売元:フロンティアワークス

    販売協力:ジェネオン・ユニバーサル・エンターテイメント

    ©Frontier Works

  • Twitter

RSS擾

 
キャストコメント

ドラマCD「いきなり同棲シリーズ 癒しの妖精セラピア」Vol.2の収録現場にて、柔軟剤のセラピア役 立花慎之介さん、ドレッシングのセラピア役 吉野裕行さんから、収録直後にコメントを頂きました!

●柔軟剤のセラピア:立花慎之介さん

柔軟剤のセラピア:立花慎之介さん

――収録を終えてのご感想をお願い致します。

立花慎之介さん(柔軟剤のセラピア):いきなり同棲シリーズ、初めて参加させて頂いたんですけれども、そもそもこのセラピアという、カプセルに入って色んなモノにくっついてくるという感覚が斬新で面白いなと思いました。しかもそれで女の子と同棲になるという。セラピアはそれぞれの特徴を持っているので、僕もそうだし吉野さんもそうだし、それぞれお話に特徴があって面白いなと思いながら、収録させて頂きました。

――ご自身の演じられたセラピアがどういうキャラクターで、どういうところが魅力的か、ということをご紹介頂ければと思います。

立花:柔軟剤というものが洗濯物をふわっと仕上げてくれるというものなので、そういうところを汲み取ってというか、セラピア自体もふわっと優しげな、あったかさで包んでくれるような、そんなキャラクターだったのではないかと思います。もちろんご主人様に対しての、一途な愛っていうのは、それぞれのセラピアもそうだと思いますが、そういう一途さは柔軟剤のセラピアも変わってないのかな、と思います。

――お勧めのシーンや気に入ったセリフなどありましたら、お教え頂ければと思います。

立花:後半の部分になるのかな、と思います。1週間程一緒にいて、ご主人様が自分(柔軟剤のセラピア)の匂いを嗅ぐとくっつきたくなっちゃう、というシーンで、柔軟剤のセラピアにとっては、「ちょっと前に話に出てきた、(同じ柔軟剤を使ってる)会社の人たちとも(くっつきたくなる)!?」みたいな件があるんです。そこが嫉妬というか、ちょっとした焼きもちみたいなのが現れているシーンだと思うので、流れ的に「あ、ここ違う流れがきた」と思いました。我儘ではないけど、ちょっとした感情の起伏が大きく出るシーンなので、そこがまるごと僕は好きだと思いました。

――最後に、このCDを聴く前のファンの皆さんへメッセージをお願い致します。

立花:「いきなり同棲シリーズ 癒しの妖精セラピア」Vol.1を買って頂いた方は、Vol.2も楽しみにしてくれてると思いますので、ぜひぜひ我々柔軟剤とドレッシングのお話を楽しみに聴いて頂きたいな、と思います。逆に僕と吉野さんのファンなのでこちらのCDを聴いて頂けるという方は、ほんとに面白いCDだし、どちらかというとヘッドホンでじっくりと聴いて頂きたいなと思うCDになっています。聴いて気に入って頂けたら、他にも違うセラピアがいますので、Vol.1だったり、あとVol.3も出ますので、そちらも楽しみにして頂けると嬉しいな、と思います。

――ありがとうございました。

 

●ドレッシングのセラピア:吉野裕行さん

ドレッシングのセラピア:吉野裕行さん

――収録を終えてのご感想をお願い致します。

吉野裕行さん(ドレッシングのセラピア):セラピアという妖精なんですけども、同じ人がいっぱいいるのかなーとか、ドレッシングが例えば世の中に1万本出荷されてたら、(ドレッシングのセラピアも)1万人いるのかなーとか、気になりますね。そういうことを考えているのは僕だけじゃないと思うんですけど、そこんとこはひとつ、触れない方向で(笑)

――そうですね、そこは……秘密で(笑) Vol.1の時にもキャストの皆さんに突っ込まれたのですが(笑)

吉野:言ってた? やっぱり!(笑) 不思議な感じですよね。同じやつがいっぱいいるのかな、とか。1万人いて意識を共有してるのかな、とか。だって、「一生この人だけ」とか思ってるんだけど、1万人いると……難しいよね。あまり考えちゃいけない、ってことなのかな(笑)

――次に、ご自身の演じられたセラピアがどういうキャラクターで、どういうところが魅力的か、ということをご紹介頂ければと思います。

吉野:基本的にはフランクな人だし、意外と真面目なタイプ。正直なところを言うと、貰った設定よりは、僕は(演じていて)ちょっとガキっぽいかな、というイメージになりました。僕が最初に抱いてたのは、もう少し大人っぽい人のイメージだったんですけど、自分でも演じていて、もう少しガキっぽいというか、ご主人様に対してだいぶ従順な感じかな、って。色んな事は言うんですけど、そういうイメージを受けました。うん、良い人です(笑) あとは単純に、男性で料理ができるわけでしょ? も○みちさんじゃないですけど、オリーブオイルを高いところからかけちゃうんでしょ?(笑) それはきっとモテるでしょうね。素敵な男子だと思います。……男子でいいのかな? 素敵なセラピアだと思います!

――吉野さんは料理はされないんですか?

吉野:しません! できるわけないじゃないですか!(笑)

――次に、お勧めのシーンや気に入ったセリフなどありましたら、お教え頂ければと思います。

吉野:個人的にはやっぱり登場するところがどうしても気になっちゃうんですよね。よくあるペットボトルとかに付いてるおまけみたいな状態なのが、カプセルを開けたら、(セラピアが)いるんでしょ? 結構怖いぞー。びっくりすると思うんですよ。そこもまた触れない展開なんでしょ?(笑) (セラピアが)シャララーンって出てきても、「お前不法侵入じゃん!」とかならないわけでしょ?(笑)

――おまけとしてセラピアが付いてくることが当たり前のこととして普及している世界、という設定がありまして。

吉野:そんなとこはしっかり設定ができてるわけですね(笑) 1万人とかのさっきのところはぼかしたのに(笑) なるほどね。そう考えるとすごいですよね。ドレッシングを買ったら、そこに人1人……妖精1人付いてくるわけですから。セラピアによってタイプも違うと思うので、それを考えたらですね、やはり僕は登場シーンが一番自分の中で気になりますね。あとは、冒頭で割とうるさく言うじゃないですか。ああいう気持ちはちょっとわかるかな、とは思いますね。ご飯ちゃんと食べたりとか、お弁当のゴミはちゃんとわけたりとか、した方がいいでしょうね。女の子には多分そういうことを要求したくなるんじゃないですかね、ちゃんとして欲しいというか。

――耳が痛いですね(笑)

吉野:例えば使ったものを元に戻すっていうのは、多分使ったらすぐね、片づければいいだけなんですよね。それに関しては僕も結構忘れがちなんですけどね(笑)

――最後に、このCDを聴く前のファンの皆さんへメッセージをお願い致します。

吉野:癒し系なCDだと皆さんお気づきではあるかと思います。その通り聴いて癒されたらいいなと思うんですけど、どうかな?(笑) CDには、セラピアは付いてきません。でも、CDを聴いて頂けるとセラピアと一緒にいるような感じになると思うので、Vol.1を聴いている人はわかると思いますが、「なんのこと?」って今思ってる人、初めて聴く人は、ぜひ聴いて「あーこういうことか!」と思って頂けるといいなと思います。

――ありがとうございました。

ページのトップへ