ベルゼブブ 「ご飯かあ…お腹空いたなあ。(大声で)おーい! サタンー!」

ベリアル
「な、ちょっと、ベルゼブブ! 気づかれたらどうするんですか!」

ベルゼブブ
「だって見てるの飽きたよー。オレも何か食べたい。(大声で)サタンってばー!」

・ルシフェル、聞こえていない。

ベリアル 「こちらを見もしませんね、気づいていないんでしょうか」

ベルゼブブ 「もー。さっきのまだ怒ってるのかなぁ。サーターンーッ!」

ベリアル 「ちょ、ベルゼブブ!」

・後ろから走っていってルシフェルにタックルをするベルゼブブ。

ベルゼブブ 「でやっ!」

ルシフェル 「ごはっ!?」

ベルゼブブ 「シカトなんてひどいよ!」

ルシフェル 「げほげほっ…は? 誰?」

ベルゼブブ 「何言ってんのー? さっき散々オレに怒ったくせに。今度はそういう嫌味とか?」

ルシフェル 「怒っ…ええと、何の話だ?」

ベルゼブブ 「それ新しいギャグ? 全然面白くないよ」

・追いつくベリアル

ベリアル 「…サタン?」

ルシフェル 「え、サタン社長!? どこに!?」

ベルゼブブ 「ねえ、ベリアルー。さっきからサタンが変なんだよ」

「…? 何かおかしいですね。まるで他人事のように……(考え込み、別人であることに気づく)! なるほど。わかりましたよ、サタン! 貴方、記憶喪失ですね!」(わざとボケてる)

ルシフェル 「は? 記憶?」

ベルゼブブ 「え。なんで? オレのタックルのせい?」

ベリアル 「それも考えられなくはないですが」

ルシフェル 「いやいやいやいや…」

ベリアル 「(芝居がかって)大方、またアザゼルにおかしな薬でも盛られたんでしょう。全く、社長を実験台にするなんて始末書では済まされませんよ。あ、私はLH法務部のベリアルと申します。こちらは広報のベルゼブブ。私たちのような古くからの友まで忘れてしまうだなんて、一体何があったんです? サタン」

ルシフェル 「あ、いやあの、えー…オレってサタンさんにそんなに似てるか? あの、オレはサタンさんじゃなくてルシフェ…」

ベルゼブブ 「(殺気立って)ルシフェル? もしかしてルシフェルって、あのミカエルの兄弟の? HLSのミカエルの?」

ルシフェル 「そう、そのLHに出向になったルシ……」

ベルゼブブ 「ミカエル、あいつ調子こいてるよね。一体何様のつもり? 世界で一番自分が偉いとでも思ってるのかな? …思い出したらムカついてきた…」

・怒りのオーラで周囲の物が壊れ始める。
(勝手にテリオンを召喚しそうになっている)

ベルゼブブ 「許さない…絶対に許さない、ミカエルーー!」

ルシフェル 「(焦って)ちょ、ベルゼブブ! 地面が! 怒りのオーラで地面がえぐれてる!」

ベリアル 「仕方ありませんね、いつものやつを使いますか。はい、サタン」(飴を渡す)

ルシフェル 「え? これって…」

ベリアル 「ペロペロキャンディです。これでベルゼブブの気を引いてください」

ルシフェル 「子供かよ! 今どきギャグマンガでも滅多に見ないぞこれ、どこに売ってるんだ!」

ベリアル 「ほら、急いでください。このままでは、ベルゼブブが街を破壊してしまいますよ?」

・野次馬が集まる

女A 「何、あれ?」

男A 「映画の撮影か?」

女A 「え~。誰が出てるの? 知ってる?」

ルシフェル 「し、仕方ない…(猫撫で声で)ベルゼブブ~、キャンディだぞー。大人しくしたらキャンディあげるぞー」

ベルゼブブ 「!?」

ルシフェル 「(ビビる)うわっ!」

ベルゼブブ 「(突然戻って)わーい、最近売ってないんだよね、この大きいの。やっぱりサタンは気が利くねー」