婦人 「ああ、なんて楽しいの……! 私、こんなに楽しいの、生まれて初めて!」

※ベルフェゴールの外見は1stシーズン第2巻の時よりも
 年齢が上がります。外見は20歳前半でイケメン青年です。

ベルフェゴール
「それはよかった。あなたを楽しませることができて、ボクも幸せですよ、
お嬢さん」

婦人
「あらいやだ、お嬢さんだなんて……! もう、ベル様ったら!」

SE:再び、笑い合う二人。

アズラエル 「ベル様……?」

サンダルフォン 「うわあ、典型的なホストテクだ、アレ……」

アズラエル 「ホストテク?」

サンダルフォン 「女性にモテるコツっていうかー。
若い子は大人のレディとして扱って、逆に大人は少女みたいに扱って、
育ちの良い子はワイルドに、逆に良くない子は良家のお嬢様みたいにって」

ミカエル 「なるほどね」

サンダルフォン 「今のメモした? アズラエル」

アズラエル 「そんなテク、俺の人生に必要ないし」

サンダルフォン  「何言ってんの、覚えといて損はないよ! 絶対役に立つって! マジでマジで!」

アズラエル 「サンちゃんうるさいし。……それはそうと、あいつどこかで見たような……」

サンダルフォン 「え? あんな派手なのがアズラエルの知り合いにいるの?」

ミカエル 「君も大概派手だけどね、サンダルフォン」

ベルゼブブ 「煙草に火をつけさせてくれるかな?」

SE:ベルフェゴール、華麗にライターを点火。老婦人、煙草を吸う。

婦人 「ありがとう」

ベルフェゴール 「ごめんね、君のハートにも火をつけちゃったかな?」

婦人 「いやだわ、もう、ベル様ったら……」

SE:またベルフェゴールと婦人、二人で「あははうふふ」と楽しげに笑い合う。

執事 「(涙をこらえながら)奥様……お煙草など吸われなかったのに……。
ご幼少の頃からお仕え申し上げて数十年、天使のように清廉潔白であらせられたお嬢様……いや、奥様が……。あの方が上がりこんでくるようになってから、どんどん悪い遊びを覚えられて……(くっと目頭を抑える)」

アズラエル 「あっ、思い出した!あいつベルフェゴールだ! LHの……」