●総合商社Heavenly Living Space(ヘブンリー・リビング・スペース)・オフィス内

辞令を片手に震えるルシフェル。

ルシフェル 「総合商社Heavenly Living Space(ヘブンリー・リビング・スペース)営業第一課・天使ルシフェル殿。出向辞令……本日付をもって、貴殿に総合商社Living Hell(リビング・ヘル)への出向を命ずる。なお、詳細の業務内容、勤務地、期間、勤務条件については、別途総務部より説明を受けること。Heavenly Living Space(ヘブンリー・リビング・スペース)代表取締役社長・神。以上」

SE:ガーン!

ルシフェル
「……な、なんだって……。LH(エルエイチ)へ出向……? どういうことだ……?」

よろけて、壁に当たるルシフェル。今にもくずおれそうな風情。

ルシフェル
「LHって言えば、社員が全員悪魔で、主な業務内容は人間を堕落させること……。うちと真逆、いわば商売敵じゃねえか! 営業トップの俺が、何でそんなところに……!」

近づいて、ポンとルシフェルの肩を叩くミカエル。

ミカエル 「やあ、ルシフェル兄さん」

ルシフェル 「ミカエル……!」

ミカエル 「どうしたの? 顔色が悪いよ。まるでLHへの出向でも決まったみたいな顔じゃないか」

ルシフェル 「そうなんだ、まさにその通り……って、なんでお前もう知ってるんだ? 何か聞いてたのか!?」

ミカエル 「誤解だよ、兄さん。確かにに僕は社長の右腕って言われるほど有能だけど、人事にはノータッチだよ」

ルシフェル 「なんでだ……? あからさまな懲罰人事じゃねえか……。俺が一体何をしたって言うんだ……」

ミカエル 「懲罰って……ただの人事交流だよ。うちではよくあることじゃないか。考えすぎだよ、兄さん」

ルシフェル 「嘘だ! LHに出向になることを、堕天って言うんだろ!? じゃあ何か? 俺は今日から堕天使なのか!?」

ミカエル 「いいじゃない、堕天使。邪気眼が発動して、究極最終奥義が使えるようになる……かもよ?」

ルシフェル 「かもってなんだよ、かもって! 要するに堕天ってのは、左遷を遠回しに言っただけだよな? 結局俺は、左遷されるんだよな?」

ミカエル 「(思いついたように)ああ! 兄さんは左遷使になるんだね」

ルシフェル 「新しい単語作んな!」

ミカエル 「そんなに怒らないでよ、兄さん。まあ少し落ち着いて……おや?」

廊下の向こうから、ガブリエルが歩いてくる。

ミカエル 「やあ、ガブリエル」

ガブリエル 「ハァイ、似てない双子。相変わらず楽しそうね」

ルシフェル 「どこをどう見たらそう思うんだ……お前、何千年俺たちの幼馴染やってんだよ!」

ガブリエル 「(ミカエルに向かってこそこそと)あらやだ、どうしちゃったの、この子。ご機嫌斜めね」