11月21日に発売される「天使×悪魔」2ndシーズン第1弾、
「『天使×悪魔』2ndシーズン ドラマCD1」より
サンダルフォン役の下野紘さんの収録後コメントをいただきました!


――収録を終えての感想をお願いします。

サンダルフォン役・下野紘さん(以下、下野):心地よい疲労感があります。サンダルフォンは人の話を聴かないで喋りまくるキャラクターだったので、「こんなに喋るのか!」と思い、収録しながらビックリしました。でも、やっていて楽しかったです。

――ご自身が演じたキャラクターについて、どのようなキャラクターだったのか教えてください。

下野:サンダルフォンはポジティブすぎる子だなと思いました。前向き過ぎるんです(笑)。もう少し後ろを振り返るとか、立ち止まるということを覚えてほしいですね。

あと、彼はもともと人間だったという設定なので、あまり天使っぽくない部分があります。なので、天使だ!と恐れ多い感じではなく、元気で若い高校生みたいな感じのキャラクターだなぁと思います。絵的にもそうですしね。

――今回、共演している他のキャラクターについての印象をお聴かせください。

下野:僕は、3人のなかで身勝手ではなく一番周りのことをきちんと見ているなと思ったのは、アズラエルですね。他のみんなは自分勝手じゃないですか(苦笑)。ベルフェゴールは人の話を聴かないでいちゃもんつけるし、ミカエルはお兄ちゃんのことばかりだし。そう考えると、その場にとどまって話を聴いてくれるのはアズラエルだけだなと思います。でも、ミカエルは決めるところは決めていてカッコいいなと思いました。

――他のみなさんはサンダルフォンをめんどくさい、うっとうしいキャラクターとおっしゃっていましたよ?

下野:え~めんどくさいとかうっとうしいってどういうことですか(笑)。でも、部屋に閉じこもるアズラエルに「部屋出てきなよ! 出てきなってば! ほ~ら、出てこい!!」って連呼するタイプなので、はたから見ていたらうっとうしいでしょうね(苦笑)。

あと、ベルフェゴールの「ギャフン」とか「バーカ、バーカ」というセリフがおもしろかったですね。だって、こういう言葉って普段はそうそう聴かないですから。ベルフェゴールはサンダルフォンよりも子どもなんだなって思いました。まぁ、どのキャラクターもみんな残念だなと思います(笑)。

――作中で印象に残ったシーンやセリフ、聴きどころを教えてください。

下野:僕は社長とのバーベキューの思い出を語っているところが印象的です。一番せわしなかったなぁと思いますけど。彼自身が楽しくなって、ついつい喋っちゃったという彼らしい面が聴けるところでもあるので……。

サンダルフォンのテンションがすごかったので、僕は収録しながら自分でおかしくなってきて、つい笑いそうになりましたけど(笑)、その辺を聴いて欲しいです。

あと、ミカエルが消えた辺りでほかの3人ががんばっているところでしょうか。まさかあのタイミングでいなくなるなんて(笑)。「もう少し僕たちを見守ってくれるのかな?」と思ったら、全然違いましたね。

――ありがとうございます。最後に、CDの発売を待っているファンヘのメッセージをお願いします。

下野:新キャラクターとして、アズラエルと一緒に登場させていただきました。本当に楽しい収録でした。CDを聴いていただければ、その楽しさがみなさんにもきっと伝わると思いますので、ぜひ聴いてください。またどこかで出番があることを切に願いつつ、これからも応援をお願いいたします。

――ありがとうございました!