2005/02/25: サウンドトラック「九龍妖魔學園紀」発売!

◆実際に作業をしてみて大変だったことは?
プロジェクトの最初の頃に作った曲は、ゲームの中に近い音にするだけでも手間がかかりましたね。
九龍の曲を作り始めたのが2002年の7月で、作っている途中で使っている機材が替ってきたためです。

具体的に言うと、以前は(ハード)音源がメインだったんですが、今はソフトサンプラー、
ソフトシンセがメインになっています。
アナログの良さも捨てがたいんですが、何曲も並行して作ったりしていると、それぞれの曲の
セッティングを簡単に保存できたり呼び出せたりするデジタル環境はありがたいですね。

ただ、全部デジタルで完結する音は面白みが足りない感じがするので、ほとんどの曲の仕上げに
アナログ機材を通してます。
実際に聞き比べてみたんですが、あるアナログ機材を通すと通さないのでは、主に全体の奥行きとか
広がりの点で差が出ました。
それに、残響の感じも結構良くなるんですよ。
結構高い機材だったんですけど、買って良かったです(笑)。
◆『九龍妖魔學園紀』ファンの皆様へのコメントをお願いします。
ネット通販サイトなどを見ると、思いのほか予約が好調のようでちょっと驚いています。
同時に、頑張って作った曲が受け入れられているんだなぁと嬉しくも思います。

作曲中は今井さんの要望に応えるだけでも大変で、ちょっと精神的にも
キツかったんですが、ネットや掲示板などで応援してくれる声で随分救われました。
そういう声援が有るおかげで、くじけずに続けられてる感じですよ。ホントに。

ものを作るって、作る側が発信するだけではなくて、受け取る側からのフィードバックも
結構大事だと思うんです。
日常生活でも、話しかけたのに何の反応も無かったら悲しくなるじゃないですか?
それと同じ感じで、作ったものに対する反応が有るのと無いのでは、充実感というか
やり甲斐が全然違うんですよ。

そんなわけですので、僕たちクリエーターに頑張って欲しいと思う人は、アンケート葉書でも
ネット書き込みでもメールでも、何でも構わないので応援の声を届けてもらえれば嬉しいです。
そういう声で「頑張ろう」という気持ちが強くなりますからね。

もちろん、批判の声も素直に受け入れるつもりです。
が、こちらも普通の人間ですので、お手柔らかに(笑)。

それでは、九龍サウンドを思う存分楽しんで下さい。
これからも、応援よろしくお願いします。

※定期更新は今回で最後となりますが、
新田さんへのメッセージやサントラの感想などお待ちしております!
宛先はこちら! kowloon@fwinc.co.jp


2005/02/18: 初回封入特典と通販特典の画像をUP!

初回封入特典≪天香學園學生証≫はこちらです!


(表)

(裏)

通販特典≪特製ステッカー(メモカシール)≫はこちらです!

2005/02/04: サントラのジャケット画像をUP!

ジャケットはこちらです!

※画像をクリックすると拡大いたします。


2005/01/21: オリジナル壁紙第2弾をUP!

[ 800 X 600 ]

[ 1024 X 768 ]

[ 800 X 600 ]

[ 1024 X 768 ]

[ 800 X 600 ]

[ 1024 X 768 ]

※ウインドウ内の画像(壁紙)を右クリックし
背景に設定して下さい。
(OSによっては設定が異なる場合がございます。)


2005/01/14: オリジナル壁紙をUP!

[ 800 X 600 ]

[ 1024 X 768 ]

[ 800 X 600 ]

[ 1024 X 768 ]

※ウインドウ内の画像(壁紙)を右クリックし背景に設定して下さい。
(OSによっては設定が異なる場合がございます。)


2004/12/24: 作曲家 新田高史さんのコメントと収録曲リストをUP!

「九龍妖魔學園紀」の魅力溢れる楽曲を作られた新田高史さんに、いろいろお伺いしてみました。
新田さんのこの作品に対する、そして音楽に対する情熱の伝わるコメントの数々をご覧下さい!

◆「学園ものでジャズ」というコンセプトをお聞きになった当初の感想は?
また、このコンセプトをお聞きになる前に、作品に合いそうな音楽のイメージを持っていらっしゃったなら教えてください。
(コンセプトを聞いた感想)
「うわっ、また難題を(^_^;」という感じでしたね。
今井さんの無理難題には慣れていたつもりでしたが、今までで1番の難題じゃないでしょうか。
「なぜ難しいんだ」と思う人もいるでしょうが、ジャンルというか範囲をかなりせばめられると、似たような曲が出来やすくなるんです。
(それを思えば、魔人學園の時の「全部の曲に和楽器を入れて」という指示の方が数段楽です。)
60曲前後作らないといけないから、「似た曲が多くなって困るよなぁ」と思ったのでした。
制作の後半の方で「完全なジャズじゃなくても良い」というお許しが出たので助かりましたが。

それから、生のプレーヤーをふんだんにお願いできる予算が無いので、主にプログラミング(打ち込み)で作ったんですが、ジャズっぽさというか、人間が演奏している感じをプログラミングで出すのは、結構手間ひまがかかるんですよ。
同じ長さの曲を打ち込むのでも、(例えば)テクノの曲とジャズの曲では、労力が何倍も違います。
人間、誰でも楽をしたいですから、「こりゃ大変そう(^_^;」と思いましたね。
実際、大変だったわけですが(^_^;

(コンセプトを聞く前)
結構前のことなのでよく憶えてないんですが、今井さんに「ジャズで」と言われる前は、 魔人學園シリーズに近い雰囲気で作るつもりでいました。
◆「九龍妖魔學園紀」の楽曲でお好きな曲は?
テーマと「アオキキヲク」・・・と書くと普通過ぎますね(^_^; 
以下、箇条書き的に、
・學園内自由移動画面の曲---メロディーも自然だし、このままジャズのバンドが演奏しても 良い感じになってると思います。
・學園内の夜の場面で使われている曲(サックスとエレキピアノがメインのゆったりした曲)
・地下の砂のエリアの曲(もろジャズ風、ピアノトリオ編成の曲)
・Jadeショップの曲---「魔人學園のショップの曲を九龍風にアレンジして」と言われたんですが、 この時も「また大変だなぁ(^_^;」と思いました。結果としては結構カッコ良い感じになったと思いますけど。
◆特に制作に苦心された曲はどれでしょうか? 
ほとんどの曲が大変でした!
逆に、自然な感じでスムーズに出来上がったのが「自由移動」と「學園内の夜」ですね。
  
◆本編で使用されなかった曲も含め、どれくらいの楽曲を作られたのでしょうか?
今井さんに出したデモのmp3は200ファイル弱です。(ゲームで使用されている曲は60曲ほど)これは、200曲ということではなくて、要望によって1つの曲を何度か変更して出したりしているので、200バージョンという感じですね。
例えばテーマ曲は、マイナーチェンジを含めて20バージョン近く出したんですよ。 もちろん、1発でOKが出た曲もいくつか有りますが。
◆ゲーム用の音楽をCDに収録する際には、どんな作業が必要になるのでしょうか?
一般論ではなく、今回のことに関して書きます。
ほとんどが1分半程度の短い曲ばかりなので、間奏を足したりして、ある程度の長さになるようにするのが1つ。
それから、ある程度のオーディオシステムで聞いてもアラが無いように、全体の音質や各楽器の バランスなど、細かい部分を詰める作業ですね。
何でもそうだと思うんですが、ゼロから80%くらいに持っていくのと、80%のものを90%以上まで
持ち上げるのは、ほぼ同じくらいの労力が必要です。
聞く人には劇的な変化は感じられないかもしれませんが、でも、僕にとっては大事な作業です。

この音質などの差は「ある程度のオーディオシステムで、大きめの音量で聞けば分かるかも」という
程度なので、ラジカセやヘッドホンステレオなどでは差が分からない可能性も有ります。
でも、やらないと自分が納得できないんですよ。
◆ゲームをプレイした感想をお願い致します。
今までプレイしたゲームの中で1番ハマりました。特に地下エリアにはハマりましたね〜。
自分が関わったゲームにハマれるなんて、ほんと嬉しいことですよ。
それから、クエストを達成すると手紙が来るのが嬉しかったです。
(恵まれない少女から、もっと手紙が欲しかったですけど(^_^;)
 
◆ゲームはクリアされましたか? 
10月〜12月半ばまで忙しかったので、まだ途中です。
11話の途中で、120時間前後という感じです。
◆このホームページをご覧の皆様へ、メッセージをお願い致します。
月並みですが、面白いゲームに関われて、また、曲の評判も上々のようで嬉しく思っています。
苦労した甲斐が有りました。
より良い音質でサントラを出せるよう頑張っていますので、楽しみにしていて下さい。

新田高史さんのホームページはこちら!  http://home.att.ne.jp/aqua/nitta/

≪収録曲≫

※収録曲につきましては、ゲームで使用されている楽曲の全曲ではございません。
 またメドレーとなる曲もございます。ご了承ください。

  • DISC1
  • 01:Kowloon theme 
    02:Azimuth angle 
    03:Operation Pylon
    04:Iron sight 
    05:Lying-up 
    06:Human intelligence 
    07:Foxhole 
    08:Night stalker
    09:Day and night fever 
    10:Night observation 
    11:Beyond visual range
    12:Search and rescue 
    13:Active radar homing 
    14:Operation medley
    15:Cross quarter battle 
    16:Spiral bullet 
    17:Medal of honor
    18:Irene 
    19:Brew 
    20:Demilitarized zone 
    21:Rendezvous point 
    22:Briefing room 
    23:Shadow of JADE 
    24:Glorious Rosetta 
    25:Operation Juliet
    26:Coin 
    27:Killed in action 
    28:Madame Butterfly 
    29:Stealth piecing
    30:Twin trajectory 
    31:Love affair 
    32:Operation Alpha
    33:Operation Masterpiece 
    34:Fire brigade 

  • DISC2
  • 01:アオキキヲク(Short Version)
    02:アオキキヲク(Long Version)
    03:アオキキヲク(Inst. Version)

 


2004/12/16: 告知ポスターの画像をUP!

夕暮れに染まる空の下で、アロマパイプをくわえて物思いにふける皆守を 描いたイラストを使用した【サウンドトラック】の告知ポスターが、
12月下旬に全国CDショップ・アニメショップに登場!
(※ポスターの展示状況は各店舗様によって異なります。ご了承下さい)