【STORY】

⇒TOPへ

単品DVDは現在好評発売中です。

≪Band 1≫

第1話「雪の少女」
7年ぶりに雪に包まれた街を訪れた相沢祐一。
子供の頃はよく遊びにきていたのに、何故か祐一は過去の記憶を思い出せない。
引っ越してきた翌日、祐一は、背中に羽飾りのついたリュックを背負った少女と出逢う。


≪Band 2≫

第2話「日溜まりの街」
雪の街。新たな出会いそして新たな生活。
転校の不安も、名雪の純粋な笑顔が祐一の
気持ちをなごませてくれた。
そして、一人佇む下級生の少女と出逢う…

第3話「たった一つの小さな記憶」
思い出せない子供の頃の記憶。
商店街で、祐一に激しい感情をぶつけてくる少女。
長年の恨みを晴らす、と訴える彼女の事すら
祐一は思い出すことができない…。
彼女の名前は、沢渡真琴。


≪Band 3≫

第4話「夜へ」
深夜の校舎にて出逢った少女。
「私は……魔物を討つ者だから」
日頃誰もが近づかない、寡黙な彼女。
見えない“魔物”に剣を振るうその姿は
祐一の見た幻なのだろうか。

第5話「the fox and the grapes」
水瀬家の日常。たび重なる真琴の
いたずらに振り回される祐一。
そんな姿を笑顔で見守る名雪と秋子。
永遠に続いて欲しいと願う、
その日々も長くは続かなかった…


≪Band 4≫

第6話「彼女たちの見解」
雪の街の少女たち。
心を閉ざした真琴・夢を語る栞・暗い瞳の舞
失した何かを探すあゆ・そっと祐一を見守る名雪
それぞれの事情、それぞれの想い…
祐一は、彼女たちに何をしてあげられるのだろうか。

第7話「舞踏会」
生徒会主催の舞踏会。
舞の存在を敵視する久瀬が見守る会場に
敢えて参加する祐一と舞。
きらめくシャンデリア、着飾った人々。
それらは、今すべて舞のためにあった。


≪Band 5≫

第8話「少女の檻」
傷つくこと、傷つけること。
“魔物”は遂に佐祐理までも手にかける。
全てを背負い込もうとする舞の為に
祐一が出来ることは…?
そして最後の戦いの中、祐一は夢を見る。
「…まーだだよ…」

第9話「笑顔の向こう側に」
仲むつまじい姉妹の夢。
栞には大好きな姉がいて、
彼女はそれが自慢だった。
香里には大好きな妹がいて、
…でもその悲しみから逃げ続けていた。


≪Band 6≫

第10話「冬の花火」
体調を崩した真琴。
心配する祐一・名雪・秋子たち。しかし、
彼女は、病院へ行く事を執拗にこばむ。  
「これ以上、その子に関わらないで下さい」 
美汐の語る、真琴の秘密とは。

第11話「約束」
祐一と出会う日常。
かけがえのない幸せの瞬間。
そんな目の前の現実が全て夢で、
消えてしまうのでは。そんなあゆの苦しみに
祐一は素直な想いを返す。


≪Band 7≫

第12話「夢の跡」
幼い日の記憶。
来るはずの無い誰かをずっと待つ少女。
大好きな男の子のくれた天使の人形。
どんな望みも叶えてくれる。
少女の願いは、残り1つ。

第13話「風の辿り着く場所」
…雪の街。
…最後のお願い。砕けた雪うさぎ。
…少女たちの想いの欠片に、祐一は
 応えることができるのか。
…そして季節は、春。