<   2019-10   >
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

更新履歴

04/18:「真・罵倒CD」公式サイトオープン!

04/17:試聴開始! 「真・罵倒CD」甘々パート!!

04/12:試聴開始! 「真・罵倒CD」罵倒パート!!

03/29:「真・罵倒CD」第1巻、登場キャラクター発表!! 

03/23:「愛ある罵倒!!」ドラマCD第2巻、好評発売中です!

03/15:試聴開始☆ 「セリフ集 料理好きの彼編」、「キャストトーク・罵倒しりとり」

03/13:試聴開始! 「王様と民編」

03/08:試聴開始!! 「上司と部下編」

03/02:「真・罵倒CD」第1巻、キャスト告知☆ 

03/01:「愛ある罵倒!!」ドラマCDのtwitterを開始しました。

 

「愛ある罵倒!!」ドラマCD第1巻

好評発売中

試聴はこちら

通販申込みはこちら

出演:立花慎之介
     森川智之
     安元洋貴

「愛ある罵倒!!」ドラマCD第2巻

好評発売中

試聴はこちら

通販申込みはこちら

出演:鳥海浩輔
     諏訪部順一
     寺島拓篤

定価(各巻):2,625円(税込)
発売・販売元:フロンティアワークス

©2011-2012 Frontier Works

 

「愛ある罵倒!!」ドラマCD 第1巻の収録現場より、二人きりになるとSに豹変する数学教師役 立花慎之介さん、淫らな夢を与えることを最も得意とする淫魔役 森川智之さん、拾った子犬のためにあえて厳しいしつけをしようと努力する飼い主役 安元洋貴さんから、収録後のコメントを頂きました!

――収録を終えてのご感想をお願いします。

森川:おそらく……世界初の罵倒CDということですが、その3人の中に選ばれたということで、これは日ごろの罵倒の……。

一同:(笑)

立花:そんなに罵倒してないでしょ(笑)

安元:怒る森川さん見たことない(笑)

立花:怒るイメージない(笑)

森川:やっぱり日本代表として選ばれたので、普段は全然罵倒なんかしないんですけど、一生懸命罵倒してみました(笑)。
なかなか罵倒と恋愛を結び付けるのは難しくて、怒ったりすると別れを予感させてしまうのに、逆に恋愛を成就させるようにしているところが、企画として面白かったです。
第一弾ということで、色んな部分で僕自身も手探りだったところがあるんですが、楽しく演じることができました。

立花:教師と生徒ということでひとつは禁断の愛という部分もあるんですけど、教師としての大人な部分での冷たい突き放しみたいな部分も結構あって、普段罵倒する時は結構冷たく突き放して、甘い時は近くに寄って甘く囁くみたいな、そういう緩急がすごくありました。逆にいえば、突き放す部分で突き放しすぎるとそのまま別れに繋がってしまうので、その紙一重が難しかったです。
でも普段日常生活でそうそう罵倒することはないので、非常に楽しかったです。また続けばいいなと思います。

安元:日常生活で怒ることは誰だって多少なりとあると思うんですけど、34年間生きてきて、罵倒ってしたことがないんですよね。役柄で怒るとか怒鳴るとかはよくあるんですけど。
しかも対象物が僕の場合はワンちゃんだったので。犬に対してここまで僕は言ったことがないし言わないだろうっていうのと、もちろんその中でお仕事というかお芝居として怒るっていう事もしなければいけない、っていう整合性を自分の中でとるのが意外に難しかったですね。
最終的にはそのメリハリを自分の中で楽しむようになったので、やってて面白くなりましたけど、聴いてる人は……どうなんでしょうね? 聴いた人の気持ちが知りたいです。それが今の一番の気持ち(笑)

――皆さまが演じられたそれぞれの物語の中で、印象に残ったシーンがあればお願いします。

森川:全体的に衝撃(笑)
台本を読んでて、どこに成就があるのかな、とか、彼女の想い人との恋を成就させるのが、淫魔の役目なのかな、とか色々と考えていくうちに、「なんだお前(淫魔)が好きなのか(笑)」みたいな。それは聴いてからのお楽しみですね。
ここで罵倒する、っていう指示は全く無くて、演じ手に任せてもらった部分が多かったので、やってて全体的に楽しかったです。早く自分で出来上がりを聴きたいなっていう気持ちがあります。時折見せる甘い顔みたいなものが淫魔にはあるので、そのへんにきゅんとしてもらえれば救われるかなと思います(笑)

立花:確かに流れ的に冷たい部分から最後優しい部分にいくんですけど、僕としては物語の端々に出てくる言葉が印象的でしたね。「バカ」とか……まぁ「バカ」くらいは普段の生活とかでも言ったりすると思うんですけど、「おねだりしてごらん」、とか。

安元:やだよそんなことを普段から言ってたら(笑)

一同:(笑)

立花:ね(笑)
普段あまり言わないような、少し調教も入ってるのかな、みたいな台詞まわしもあって、それはそれで面白かったなと思います。普段日常生活では使わないような言葉が出てくるので、それをM心を持ってる人は楽しんでもらえたらいいなと思うし、僕も言ってて面白かったですね。

安元:僕の罵倒は質が違うと思います。対象物が言葉の通じないワンちゃんですから。
僕の中で思っていたのは罵倒というよりも、言葉をいくら言っても通じないジレンマであったりとか、ヒステリーなところでもあるのかもしれないです。「どうしてそういう事をするんだ」っていうのが言葉として通じないからこそ大きい声になってしまった、っていう感じで僕はやってたんですね。
でもそれって帰着するところはその子(犬)大好き、っていうところで、言ったあとに「あ、しまった」って感じになって「怖くないよ」とか「大好きだよ」ってへにゃへにゃって甘くなるんですけども。
そのコントラスト全般だと思うので……陰と陽ではないけれども、厳しさと優しさのふたつの感情に揺れる両極端な人になってると思うので、そのコントラストを楽しんでいただければいいなと思います。

――このCDを聴く前のファンの方にメッセージをお願いします。

森川:罵倒しりとり。

立花:そこ!?(笑)

一同:(笑)

立花:最後じゃん(笑)

安元:特典だけは聞いちゃいけない(笑)

森川:頑張って作ったんで、ぜひこれ試しに聴いてください。
我々演じ手側は、「聴いてくれる皆さんがどんな反応をしてくれるんだろう」「こんな反応するんだろうな」っていうのが全く想像できていないので、それがすごい楽しみです。皆さん手にとって聴いていただいて、感想を聞かせてもらえると嬉しいです。
やる気なので、2段3段と!その時には新キャラクターが登場していて僕らは出てないと思いますが(笑)

一同:(笑)

安元:キャストは変わっちゃうかもね(笑)

スタッフ:思いつきですが、新キャラクターに加えて、今回のキャラクターの後日談も収録するということで、皆さんには引き続き出て頂いて……(笑)

一同:後日談!?(笑)

立花:罵倒しりとりだけは出ます(笑)

森川:何はともあれ一番最初に作るものに参加できたっていうのは幸せなことで、それも今までにないようなものを試みましたので、楽しみに待っていてください。

立花:あくまでも「愛ある」なので、ただ単に罵られるだけのCDではなくて、甘い部分もちゃんと聴けるっていうことです。そういう意味では本当に色んな人に聴いていただきたいと思いますし、僕もやっぱり皆の反応がすごく知りたいので、詳しく書いてほしいですね。例えば自分がMだったら「私Mです。もっとこういう風に罵られたいです」とか。

安元:あーなるほどね。ご意見ご感想ね。

立花:続けるためにはやっぱり本当の意見をいれるっていうのが大切。

安元:市場調査ね。

立花:うん。逆にSな人だったら「もっと上から来てほしい」とか。

森川:「私だったらもっとやる」と。「甘い、こんなもんじゃない」と(笑)

立花:それってやっぱり次に反映されると思います。こういうとがった作品ってすごく難しい部分があると思うんですけど、やっぱり皆さんの感想を僕自身も聴いてみたいと思うので、ぜひぜひ皆さま聴いて感想をお寄せ下さい。よろしくお願いします。

安元:「愛ある」というのもありますし、僕のパートだけですけど対象がワンちゃんなものですから、人として聴いて物足りないって感じる人がもしかしたらいるかもしれません。
でもあくまで「愛ある」なんですよ。そこをフューチャーして作ってるものだから、それを前提において聴いていただけると面白いんだろうなと思います。
もしこれで物足りない場合は、「リアル罵倒CDを出してくれ!」とフロンティアワークスの某O川Pに感想を送っていただければ、新しい企画が動くかもしれませんので。
僕としても「本気の罵倒はどうなんだろう」、「どこまで言っていいものなんだろう」、「どこまで製品化できるものなんだろう」とか、限界を知ってみたいという気持ちもあるので、もし皆さんが聴いて「もっと欲しい」、「もっと頂戴」と思えば、リアクションをいっぱいメールなりなんなりで、送るべきところに送ってください。お願いします。

――ありがとうございました。

ページのトップへ